スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェイン・オースティンの読書会 
(2008年 アメリカ)
51bkW0eUtCL.jpg
監督: ロビン・スウィコード
出演:キャシー・ベイカー  マリア・ベロ  エミリー・ブラント
    エイミー・ブレネマン  ヒュー・ダンシー   他

離婚歴6回を誇る女性バーナデットは、愛犬を亡くして落ち込む友人、ジョスリンを励まそうと、ジェイン・オースティンの読書会を思いつく。なぜならば、“オースティンは、人生最高の解毒剤”だから。もう一人の親友シルヴィアも、ちょうど夫から“他に好きな人ができた”と告げられ窮地に陥っていた。しかし、オースティンの長編小説は6冊あるため、メンバーも6人必要だった。そんな中見つかった4人目は、趣味の合わない夫より教え子に心惹かれる高校教師プルーディー。さらにシルヴィアの娘アレグラも引き入れ、最後は唯一の男性にしてオースティン初体験のSF大好き青年グリッグ。こうしてメンバーも揃い、いよいよ読書会が幕を開けるのだが…。(all cinema)

続きを読む »

スポンサーサイト
JUNO 
(2008年 アメリカ)
41gy0azKwEL.jpg
監督: ジェイソン・ライトマン
出演: エレン・ペイジ  マイケル・セラ  ジェニファー・ガーナー
     ジェイソン・ベイトマン  オリヴィア・サールビー

わずか16歳にして予期せぬ妊娠という事態に直面したヒロインが、中絶や養子縁組といった選択肢に揺れ動きながらも、子供が生まれるまでの9ヵ月間を悩み抜く中で自らの答えを見出していく姿を、ユーモアを織り交ぜ等身大に描いたコメディ・ドラマ。主演は「ハード キャンディ」で注目を集めたカナダ出身の実力派若手女優エレン・ペイジ。共演に「スーパーバッド 童貞ウォーズ」のマイケル・セラ。監督は「サンキュー・スモーキング」のジェイソン・ライトマン。また、これがデビュー作という脚本のディアブロ・コディが各方面から絶賛され、みごとアカデミー賞脚本賞を受賞。(all cinema)

続きを読む »

なるほど・なるほど 
日本アカデミー賞とかブルーリボン賞というのは耳に馴染んでいましたけれど
報知映画賞というのがあったのですね。イヤ、今まで知りませんでした。お恥ずかしい。

報知映画賞はスポーツ新聞が単独開催する初の映画賞として、1976年度に制定されました。~中略~
報知映画賞誕生の翌年には日本アカデミー賞もスタート。ブルーリボン賞をはじめさまざまな映画賞、また作品や俳優を表彰する映画祭が年末から年明けにかけて日本各地で開催されています。報知映画賞は、その先陣を切って発表されるため、その年の受賞者・受賞作品を占う意味でも大きな注目を集めています。


・・・だそうです。

で、第33回の受賞者・受賞作品はコチラ

続きを読む »

執事対決 
カズオ・イシグロさんの文体に惹かれ、ただ今「日の名残」を読んでる途中。

1993年の、アンソニー・ホプキンス&エマ・トンプソン主演で映画化された同名作品は過去に観ましたが、ちょいと原作も読んでみたくなった次第で。
5155V9T4TVL__SL500_AA240_.jpg
この映画の中で、それ以上ないという程プロフェッショナルでストイックで誇り高き執事スティーブンスを演じた、名優アンソニー・ホプキンス(ナイトの称号もお持ち)、彼だったからこその、上質で味わい深い演技を、この映画で観る事ができるのですが・・。

ふと、そんな彼以外に、「執事」という言葉で浮かぶ人と言えば・・

続きを読む »

大宰府天満宮 
連休の中日にちょっとお出かけ。福岡県にある大宰府天満宮へ。


IMG_1612サイズ変

続きを読む »

遅ればせながら 
青龍映画賞でのLBHの様子でござる(ほんの一部ですがね)
「奴×3」は監督賞・撮影賞・美術賞など、4部門受賞との事。
主演男優賞は残念でしたが、監督賞って嬉しいじゃあござんせんか♪

にしても、このところのLBH情報の多さには、ゼロゼロはぁはぁしております。
てか、前から、LBHファンの先頭集団からは、かーなーりー遅れたところの最後尾をちんたら走っておった私でございますが、最近では、その最後尾すらも、ほとんどウォーキング状態でおます(笑)
そんな私に「最近はれいんさんのブログで情報知ったりする」とか言うておられたブログ友さん(LBHファン)がいて
そんなぁ、私んとこで情報知るなんざ、アナタ様もかなりウォーキング状態ですな(笑)と、ウォーキング仲間が他にもいた事を知り、妙な仲間意識にニヤリとした今日この頃でやんす。
てか、LBHの映画観られたら、それでいいのだ、そうなのだー。
レッドクリフ part1 
(2008年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国)
329757_02_01_02.jpg
監督 :ジョン・ウー
出演 :トニー・レオン  金城武  チャン・フォンイー  チャン・チェン
     ヴィッキー・チャオ  フー・ジュン  中村獅童  他

「M:I-2」「フェイス/オフ」のジョン・ウー監督が、三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編(all cinema)

続きを読む »

怖いもの 
人間、誰だって怖いものとか苦手なものってありますよね。
実は以前から人間ドックとか、そーゆー検査系のヤツをせねばならんとか密かに思ってたワケですが・・
最後に健康診断受けたのっていつだったか、ハッキリ思い出せないくらい、わたしゃそーゆーのをここ何年(5・6年くらい?)もやってないんだすよ。
とりあえず今んとこ、やたら眠くなる病(笑)以外は、多分健康だろうとは思うのですが・・ホレ・・・大台も超えた事だしさ(ボソッ)
まだ当分は元気でいなきゃ、時々子供の弁当作りとかもあるしさ(それだけの為に?:笑)
そんな折、「をを!神のお告げか?」的に、自治体の胃ガン検診っつーお知らせが目に入りまして。
市内在住の大台超えた人(ええ、それが何か?:笑)対象に、リーズナブルな料金で検診してくれるとかいうヤツ。
「胃」だけじゃなくて、専門機関でアレやソレな隅々検診受けようとは思っているのですが
とりあえず・・度胸試しに胃ガン検診・・・・・・・うぎゃお!

続きを読む »

ダージリン急行 
(2008年 アメリカ)
328945_02_01_02.jpg
監督: ウェス・アンダーソン
出演: オーウェン・ウィルソン  エイドリアン・ブロディ  ジェイソン・シュワルツマン  
     アンジェリカ・ヒューストン  他

ユーモアとペーソス溢れるロードムービーで、随所に色んな小技が散りばめられていて、最後には、心がほっこり温かくなる。
何だかよくわからんのだけど、ドタバタ喜劇から、ある瞬間、スイッチ切り替わるんだよなぁ。
結果、まんまと「スキ」になっちゃってました。

続きを読む »

所作 
久しぶりにLBH。
最近ちっともLBH関連の記事書いてなかったもんなぁ。
LBH関連の記事書くときは、気を遣わなきゃいけない気がして←いつも気を遣えよ
そうこう言葉を選んでるうちに書くのが面倒になってきたりして、あははー。

しかしながら、この画像は、ほのぼのしてて好きだったのでアップ
4枚目の画像は
LBH:「ね、ね、見てココ」
監督:「ほぉ、ほぉ」
イヤ、そんな会話してないとは思うんだけど、ちょいと想像しちゃってプッ。
でもって5枚目は二人揃って愛想笑い
6枚目は、だんだん退屈してきてモジモジさわさわ
7枚目は「んっと・・水でも飲むか・・」的な(笑)

うぅむ、水の注ぎ方にも育ちの良さを感じるな・・
その後、8枚目の画像が仮にあるとしたら・・
監督のグラスにもお水を注いであげようとして「いや、いいから」って言われてシオシオしょぼん・・
なんてこたーないでしょうが、イヤなに、想像して遊んでみただけでやんす(笑)

続きを読む »

膨らんだ 
IMG_1593サイズ変更

抹茶のシフォンケーキを作ってみた。

続きを読む »

♪花になれ 


先日話題にした「ブラッディマンデイ」
実はこの主題歌を歌ってる flum pool に、ちょいと注目しております。
「ブラッディマンデイ」主題歌の 「over the rain ~ひかりの橋~」もいいんですけど、「花になれ」はもっと好き♪

笑って 泣いて 歌って 花になれ
咲き誇れ いつか 光溢れ
歯痒くても きっと 受け止めるよ


↑ここんとこの歌詞が何か好きで(全体的にヒアリングしにくいですが:笑)

えっと、6分半くらいの長い動画なので、お好みでない方にはしんどいですかね?
あ、でも、この可愛い顔したヴォーカル君の、不思議な口の開き方とかビーバーちゃんな歯とか観てほしいような。(ちなみに「ハリセンボン」の「はるか」ではありませんので念のため)
あと、後ろでベース弾いてるオダジョー(←違)イヤそのオダジョーが加勢亮クンに見えなくもない、とか、その加勢クンのズボン丈が短いのはファッションだからツッコミなしよん♪とか、ドラムの人、アップで寄るとなかなかイケてるかもしんない、とか、もう一人のギターの人は、ノリノリ前屈たまにステップ、髪が乱れても一心不乱で頑張っちょりますとか(ヲイ)

私、ギター弾かれたりなんかすると、3割り増しにカッコ良く見えちゃう悪いクセがあって(笑)加えて、声が切ない系とか顔が寂しい系だったりすると、ついつい応援しちゃいたくなるんですよね(笑)
やっぱ「声」って大事ですよね。声がいいと心に響くなー、なんてね。

わたしを離さないで 
41tlplNrJlL__SL500_AA240_.jpg
  カズオ・イシグロ 著

友達にこの本をススメられました。
予備知識は全くナシ。
「カズオ・イシグロ」
ふむふむ。長崎生まれイギリス国籍。
「日の名残」の著者。他にも数々の受賞作あり。
「わたしを離さないで」
タイトルからあれこれ想像したけれど・・読み進むうちに違う方向へと導かれてました。何とも表現しがたい、この読後感・・。

友人が私にススメた理由がよーくわかりました(笑)
読んでみようかな・・と思う方がもしいらっしゃいましたらば、私のように、予備知識ゼロで臨まれたし。
(↓ここから先はご注意を)

続きを読む »

11月の気になる映画 
今月のれいん家では、結婚祝い1件&出産祝い2件で
諭吉先生がヒラヒラヒラヒラ飛んでいっちょります
「諭吉先生、行っちゃイヤ~ン」と、お引止めしたいところですが
そこはそれ、浮世のしがらみ、そうも行きますまいて。
てなワケで、映画観るなら1000円デー!!と、固く心に誓う私(←それは今月に限った事ではない)
イヤ、それどころか、試写会に応募しまくってるワタシ(ヤらしいな)
とりあえず、3本の試写会に応募した!ヤれる事はヤったぞ!
うん、出し切った!(何を)

そんな私が応募した映画はこの3本

続きを読む »

ヘビのなまごろしぃ 
もう皆様既にご存知でしょうが
「ノム×3」台湾公式HP
SKIPをクリックして、右下の劇照欣賞クリック♪
奴の面々がズラズラおりまする。

てかさぁ~こんな血沸き立つトランペットの音色なんぞ聴かされて、美味しい画像なんぞもうりゃうりゃ見せられた日にゃアータ・・(涙)
何度も何度も叫びすぎて声も枯れるっちゅーもんですな。はぁ~~溜息。

そんなワケで、同じ想いの皆様も、れいん流念仏を唱えませぬか?
ささ、ご一緒にご唱和下されたし♪

涎垂鼻先人参蛇生殺色即是空諸行無常俎板鯉身悶悶々早々公開嗚呼日本・・・

続きを読む »

茶飲み雑談 
毎度の事ですが、連休中は、息子のスポ少や娘の文化祭などでゼロゼロはぁはぁ・・。
してからに、今日も今日とて娘は振り替え代休。

そんなワケで
10月に観た映画のまとめなんぞを書きたいところでやんすが
書く時間もなさそうですし、書いたところで、絡みにくいイヤンな記事にもなりそうですし・・
って事で、それは時間がある時にいずれ・・。←てか、それ読みたい人っていらっしゃるのかな?いないと思うんですけど多分・・(汗)
と、前置きをしたところで、ちょいと茶飲み話的雑談をば。

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。