FC2ブログ
モダンボーイ 
我が家のレコーダーがずっと調子悪くて
ダビングやコピーディスクに一切反応しなくなってたもので
年末にブルーレイレコーダーを購入。

これでやっと
お友達におすそ分けしてもらったモノ(ありがたい事です☆))や、
溜まりに溜まってる在庫を観れるー。


って事で
早速「モダンボーイ」観ました。←ナムギル君がチラ出してる映画








これは2008年に封切りされた映画で
主演はパク・ヘイルさん、キム・ヘスさん。 映画の概要はコレ


観た感想としましては・・・

うーむ・・・。もろもろ勿体無いのー。

 

↓から下は、若干ネタバレもあるのでご注意を。


















やー。いきなり小言を言っちゃうけども




俳優さんらがせっかくイイ演技してるのにね~
美術さんや衣裳さんなんかも
その時代を再現するのに、すんごく頑張っていらっしゃるのにね~
なんでそう勿体無いコトするんだよ~。って、ぶっちゃけ思った~。



キム・ヘス姐さん演じるナンシルは
独立運動にかかわる謎めいた女性。って役どころで
当局からもマークされてる人物なのだけれど。

んまあ、これが、自由に動き回ること動き回ること(笑)

その背後にいる大物を釣り上げようと
彼女を泳がせてるのはわかるんだけどね
アブナイ行為は未然に防ごうネ。

当局は素人集団か!ってくらい、ふんっとにもう手ぬるいったらありゃしない。

こういった、レジスタンスものやスパイもののお話が
ツッコミどころ満載、穴だらけな設定だと
せっかくイイ感じに盛り上がっても「しゅうううううう」って萎むんですよねぇ。

ほんっとにもうイイ加減
韓国の映画やドラマのこういうとこ
「これじゃアカンやろ」って製作陣の誰か気付いてさ
つめの甘さを引き締めてくれい。って思ふ。

ラブコメだとかヒューマンものなら
そのへんもツッコミどころとして楽しめるんだけども
サスペンス的な要素のあるお話に、そんなご都合主義は、台無しになっちゃって勿体無いやんかー。





と、ブリブリ辛口発言し終わったところで・・・





キム・ヘスさんはキレイで大人のお色気たっぷりでした。

ショーガールみたいな役をする時もあったのだけど
イメージ的には、「シカゴ」(2002年アメリカ映画)のキャサリン・セダ・ジョーンズのパクリイメージっぽいなあ。






で、問題のナムギル君ですが。



 
「美人図」や「善徳女王」以前のナムギル君がチラっチラっと、で
フレッシュなんだけども、その露出の割合は、ものすごーく少ない。



で、

出てくるたびに
なぜかその場面が薄桃色になってるような気がした←あくまでワタシ基準:笑

いやあ~
お色気担当は、てっきりキム・ヘス姐さんだとばっかり思ってたら
ナムギル君がお色気担当じゃったか(笑)

出てきて「ニコっ★」とかすると
「あははーかわいいー」って思うんだけども
それと同時に
必ずと言っていいほど纏わり付いてるその薄桃色の雰囲気がオカしくてオカしくて「プっ」

主演のパク・ヘイルさんと隣同士にいるだけでも「薄桃色」
クラブかなんかでグラスもって微笑んでも「薄桃色」
途中で、ストーリーと全く関係ない「椅子の背かなんかにしなだれかかって色っぽく天井を見る横顔」とかいう
「薄桃色すぎる意味なしショット」とかもあったぜい(笑)

や、その場面いる?とか思ったケド、ワタシ的にはオモロイからまあいい。
(ファンじゃなかったら、絶対「ナニこれ?」ってなると思う:笑)


あと

ナムギル君は、日本人の「シンスケ」って役をしてて
当然、ちょいちょい日本語で喋っている。

で、その日本語がまた「桃色吐息な日本語」だったりする(笑)

あー。桃色吐息な日本語。って意味わかんないですよねぇ。

どう説明したらいいのかなぁ・・。

発音がね、なんか「桃色」なんですよねー。

日本語上手なんだけど、多分とっても上手な方だと思うんだけど

ブレスの仕方、というか、ブレスする箇所。というか
そこが、日本人のソレとは若干違ってて
「息を吐きながら、鼻と口と両方に分散しながら溜息みたいに喋る」ってカンジなんすよぉ~。

やー伝わるかしら~
「赤と黒」でも、そういう「溜息日本語」あったんだけどね~。


ワタシは個人的に
ナムギル君の「溜息日本語」が好きなもんだから
そういう楽しみ方をしながら観ちゃったワケですが。


あとね、ナムギル君が「暴力的になって、きゃーイヤン♪」な場面もあったんで
そこも楽しめたかなあ。←完全に見方がマニアック:笑


てなワケで
予告動画を観てみたいって方は ココ どうぞ

ナムギル君、ホントにもう、一瞬×2.3回 しかいないんですけど

「息を吐きながら喋る日本語」が、最後にチラっとありますヨ(笑)
ちょっと怒ってる場面なので「溜息」よりはちょっと語調が強いケド。






スポンサーサイト



 
karinn #9yMhI49k
脱帽! 
こんばんはれいんさん。
まずは「祝!ブルーレイレコーダー購入」
でもって「モダンボーイ」のナムギル評、完全にマニアックですね~そのマニアックさに脱帽!
薄桃色→ピンクではなく?(ニュアンスがちょっと理解できないけど)
この映画の主人公はあくまでパク・ヘイルなので、主役を引き立てる役に徹しているように見えました~
声もアクションも抑え気味で、目立たないようにしているような感じでしたが、いかんせん容姿が目立つ~(私的にはオールバックの髪型が好み)
パク・ヘイルって韓国では評価されている俳優らしいけど、あまり目立たない容姿してるもの。

なんか古臭い映画で、ラストもガッカリだったので、ナムギルくんの印象しか残っていません。
噂ではこの映画の主役、LBHに話があったとか?(パク・ヘイルの役)
出演しなくてよかったかも?
train れいん #-
karinnさん 
こんにちはー。

> 薄桃色→ピンクではなく?(ニュアンスがちょっと理解できないけど)
あーこれはですね(笑)
ビョンホンシがモヤのかかった紫色がイメージカラーでして(あくまで私の中のイメージカラー;笑)
そうすっとナムギル君はモヤのかかった桃色(ビビッドなピンクではなく)がイメージカラーなんですよ~
エロいはエロいんだけど、そこはまだ未完成のエロさ。って事で「薄桃色」

ていうか、そのイメージカラー、ワタシが勝手にほざいてるだけなんで
ぶっちゃけ無視しちゃって下さい(笑)

パク・ヘイルさんをバシバシしばいてるシーン
あれやりにくかったでしょうねぇ~
ナムギル君本人は、演技とはいえその事引きずってたらしく(容赦なくシバイてましたもんね)
後にキム・ヘス姐さんにヨシヨシ慰められたとか←シバいた側が慰められるというマダムキラーマジック(笑)

> 噂ではこの映画の主役、LBHに話があったとか?(パク・ヘイルの役)
> 出演しなくてよかったかも?
1937年の時代を描いてるので「古臭い」のは致し方ないとして・・
へぇぇ~LBHに話があったんですか~
「2046」や「花様年華」のトニー・レオンみたいに
ああいうレトロな紳士っぽいいでたち、似合うような気もしますが
いかんせん脚本がモゴモゴですもんねぇ・・・

秘密にする