FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これ観たい。 
お。トニー・レオンと松田翔太クンが共演とな?コチラ
ふむふむ。監督は「ドッペルゲンガー」「アカルイミライ」「トウキョウソナタ」の黒沢清監督。
言語は中国語って事で、翔太クンはただいま中国語猛勉強中らしい。
あでも以前から、中国語、結構喋れてたよね。
共演女優さんがどんな感じになるのか、ちょっと不安 未知数だけんど
来春秋の公開、ちょっと楽しみだー♪




それからもひとつ。

ベネチア映画祭で金獅子賞を受賞したキム・ギドク監督の「ピエタ」 コチラ

これも観たいなあ。
あーあ。観れるのかなあ。

ホントかの国は、こういう人をもっと大事にしなきゃイカンよ。
異端児と言われながら、ギドク監督はこれまでもカンヌやべネチアで高い評価を受けてたのに。
もちろん日本にもギドク作品のファンはいる。
闘い続ける監督さんでいてほしいと個人的にも思う。







スポンサーサイト
 
rinko #czwcMj9s
こんにちは☆ 
れいんさん こんにちは^^
先日はコメントありがとうございました。

キム・ギドク監督のニュースは新聞で知りました。
お恥ずかしながら、韓国の映画はほとんど観たことが無いので、この監督さんも知りませんでした。
どうやら、ナムギルさんの復帰作も映画になりそう(わかりませんが)なので、韓国の映画界が少しでも世界から注目される流れになるのはいいことだと思いました。
でも、ギドク監督は異端児だったようですね。ちらっとどこかのニュースで「韓国の映画界は彼を支援してこなかったことを恥じるべきだ」と政治家だかなんだか(テキトーですみません 笑)が言っていたとか。
本当にかの国での映画製作の現状は厳しい様子がうかがえますね。

松田翔太さんもトニー・レオンさんと共演なんて、とっても面白そうですね。
私、トニーさんもよく知りませんが(結局ほとんど知らないんですけど 笑)有名な俳優さんということは知っています。
こちらは日本で観られるでしょうから、楽しみですね♪

あ、キム・ギドクさんについて調べてたら、以前オダギリジョーが主演する「悲夢(ひむ)」という映画を撮っていたようです。れいんさん知っていましたか?
私はそちらも観てみたいと思いました。
train れいん #-
rinkoさん 
こちらこそコメントありがとうございます。

> キム・ギドク監督のニュース
私もその後の続報で、金獅子賞候補は他にもあって規定云々諸事情もあったと知りました(笑)
まあでもこの監督さんの作品は、海外での評価、割と高いと思います。

>「韓国の映画界は彼を支援してこなかったことを恥じるべきだ」
ギドク監督、あんまり国内ウケするような映画撮らないような(笑)
人間の欲望とかコンプレックスとか、そういうのを直視し
パワフルに怒りを爆発させつつ、でも映像はスーっと静かでキレイなんですよね。
セリフが少なくて寡黙な映画なのも特徴です。
抽象的で難解なので感想も書きにくいです(笑)

>悲夢
どの作品も独特のクセがありますが
悲夢は、初期作品に比べると、ギドク監督にしてはマイルドになってて
「お歳を召して少し丸くなったのかしら」と思いました(笑)
結構、共感できない作品多いんですけど(汗)
気に入ってるのは「春夏秋冬」「うつせみ」です。

> トニー・レオン
とても存在感のある素晴らしい俳優さんだと私は思っておりますが。
好きな作品いろいろありますけど
グイグイはまって観れるのは「インファナル・ア・フェア」でしょうかねぇ。
以前、アカデミー作品賞に輝いたスコセッシ監督の「ディパーデット」は
これのリメイクですよん。

ナムギル君の復帰作は映画なんですね♪
どんな作品に出るんでしょうね~。
観たいけど、なんやかんやこの状況では日本公開あるかどうか不透明ですよね・・・。
ぴか #SYJ6lyGE
翔太クン 
ふふふお久しぶりですふふふ

すっごくご無沙汰しているのになんだこのブキミな挨拶は!m(_ _;)m

いや、なんでふふふなのかっつーとふふふ

最近のマンダムのCMでふふふ、いやぁもう翔太君やっぱりあなたは宇宙から来た王子様だったのね~なんてね、一人でニヤニヤしてましてねふふふ

そうかぁ中国語勉強しててトニーと共演かぁ^m^
楽しみですねっ♪
え?以前から喋れてた?
やっぱり…やっぱり翔太君は宇宙から来た王子様なのよ!
だから中国語も喋れるのよ!←すみません、モーソー入りましたm(_ _;)m

で、ギドク監督おめでとうございます。
ギドク監督の作品、三つぐらいしか見れてないんですけど、個性強いですもんね~。
ピエタ、きっと見ます。
他にもギドク作品で見たいのはいっぱいあります。
徐々に見ていこうと思います←なかなか実行できないワタシ

最近になってようやく「さや侍」を見ました。
松っちゃんも日本国内ではなかなか評価されないってご自分でおっしゃってましたが、さや侍は素直に感動できる、わかりやすい作品でした。
まだ「しんぼる」を見ていないんですが、松ちゃんにもいろんな作品作って欲しいです。
そうそう、北野監督のアウトレイジ、やっぱ見るべきかしらん(^^;;)と迷う私でしたm(_ _;)m
train れいん #-
ぴかさん 
わーん。お久しぶりです~!お元気でしたか?
お忙しいのにコメントありがとうございます!

> マンダムのCM
ハイハイわたくしも勿論CMチェックしておりましてよ♪
なぜか正統派な役では攻めてこない翔太クン(笑)
そして「わがままな王子様キャラ」がとてもお似合いの翔太クン(笑)

> 中国語勉強しててトニーと共演かぁ^m^
えーと確か「花男」の時共演してた阿部ナントカ君から中国語教わりつつチビチビお勉強してたとかどっかで読んだ記憶が・・
んでキム○クと共演したドラマで(ホラ中国市場に進出した家具屋のドラマ@社長がキムさん)
中国語披露してましたもんね。
本場レベルに達するくらいの語学力かどうかはわからないけど
傍から聞いてると流暢に喋ってるように聞こえたんですが。
> 楽しみですねっ♪
あ、ちなみにイギリス留学もしてますんで英語もペラペラっす。ああ見えて(笑)

でもって悲しいお知らせなんですが
この映画の件は不確定になっちゃうかもしれませんねぇ。わかんないけど。
トニー、母国で批判されちゃったみたいっす。
数年前からずっと企画あっためて仲にたった方が漸く監督さんと引き合わせて
信頼関係もできあがって積み重ねた結果の出演だったのに。

> ギドク監督
これも日本で見れる日が来るのか不透明ですよね実際。
文化と政治は別だという考えは基本的には持っておりますが
これらの件に関しては簡単には語れない根が深いものがあるなぁと、思ったりもしてます。

> 最近になってようやく「さや侍」を見ました。
私なんでだか松っちゃん映画には縁がないんですよね~。
松ちゃんの映画評は面白く読むんだけども、映画事態にはいまひとつ食指が(笑)
あと、北野監督の映画にも同じく食指わかないんですよー。
ザトウイチと菊次郎くらいかなぁ最後に見たのは。


秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。