FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
盛者必衰の理。 
ここしばらく、私にしては珍しく
日韓の近代史・政治・経済 に興味を持ち、(関心のある部分だけ重点的に)自分なりに調べました。


この夏の
某大統領サンのシマ上陸→五輪サッカー政治的メッセージ→天皇陛下侮辱発言→親書返送
この一連の件がきっかけで。
(多分私のように「これがきっかけで」というパターンは割りと多いんじゃないかな?とは思いますが。)

やってる事が全く理解できなくて
「え?なんで?なんで?」と調べた結果、
知れば知るほど
ますます理解不能に陥った。と同時に
これまでの自分の無知さ加減を、深く思い知る事にもなりました。

まあ、要は
国民性の違い、立場の違い、価値観の違い に加え
教育のあり方や、マスコミのあり方。って事ですかねー。


そんなこんなで
しばらくブログ書く気すら起こりませんでしたが
ここへ来て、ちょっと気持ちが落ち着きました(笑)


今の心境は
「平家物語の冒頭」の部分に
激しく共感するまでに至る・・・というか。

↓ これです。




祗園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらは(わ)す。
おごれる人も久しからず、
唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、
偏に風の前の塵に同じ。     

訳:祇園精舎の鐘の音には、
諸行無常すなわちこの世のすべての現象は絶えず変化していくものだという響きがある。
沙羅双樹の花の色は、
どんなに勢いが盛んな者も必ず衰えるものであるという道理をあらわしている。
世に栄え得意になっている者も、その栄えはずっとは続かず、
春の夜の夢のようである。
勢い盛んではげしい者も、結局は滅び去り、
まるで風に吹き飛ばされる塵と同じようである。 (※にほんごであそぼファンサイトよりお借りしました)






さてここから先は
政治的な話や、私個人の考えなどを書きますので
読む人によっては「心地よくない意見」もあるかもしれません。
しかも、長文。
先に進むかどうかは自己判断下さいませね。







アメリカの大統領選が終わり、第2期オバマ政権が確定しましたが
アメリカはアジア重視の姿勢を今後も維持する模様。

特に「中国」に注視。
「注視」というのはつまり
「重視」と「警戒」と、両方の側面があるって事かな。


ご存知のように、アメリカは経済面で今苦しい時期にある。(日本もよその事いえないけど)
アメリカ内部にも
「もうアメリカは、世界の警察の役目。という重い荷を降ろしてもいいのではないか?」
という意見が一部にはあるようで。

実際、国防費は削減の方向に向かうのでは・・という見方もあるそうな。
という事は、現在常駐してる同盟該当国の米軍も
引き上げや縮小の可能性もなきにしもあらず。

(仮に南北統一した場合、在韓米軍は引き上げるかも、とも言われてて、そうなると事実上、韓国においては中国からの影響力がさらに大きくなるでしょうね)


日米安保が、今後どのようになっていくのかは
日本の政権交代後にしか判断できない部分もあるから
今の段階ではまだ分からないけども・・。


でもとにかく
そこで思う事は



日本も
中国も
韓国も

「自立への道を進まなければいけない」 (←エラそうにすみませんっ)
そう思うのです。
 


日本は「国防の意味での自立」
中国は「政治的な意味での自立」
韓国は「経済的な意味と、精神的な意味での自立」

が必要になってくるのではないかなぁと。(←個人的意見ですので話し半分に聞き流して下さいね)




アメリカが「世界の警察の役目、もうやめよっかなー」と思い始めてるように
日本も
「ほら、ウチも震災でダメージ受けてるし、高齢化社会に進んでいってるしね、おまけに円高で輸出産業ヒーヒー言ってるもんだからさ、世界のお財布の役目を、そろそろやめたいんだよね」
って思い始めてもいいんじゃないですかね?

(消費税増税だとか言ってる傍で、IMFの援助額、EUに続いて世界2位ってどゆ事?んな余裕どこにあんだよ)


だからこの際
経済大国上位の座なんて、さっさと明け渡して
自分の国がよくなる事の方を、最優先課題においていいんじゃね?


もちろん
アメリカが急に一斉に、世界の治安から手を引いたら
紛争や暴動があちこちで起きてしまうかもしれない。
だから「徐々に、徐々に・・」という形をとっていき
ヤバそうな国だけピンポイントで注視して
長距離を高速で移動できる大型航空機の性能を活用して
その分、基地の数を減らしていく事も可能になるかもしれないし。←イヤわからんけど。

同様に日本も
日本に友好的な国、新興国として魅力のある国、日本にとってもメリットのある国。
そこを重点的に
支援するなり、経済交流するなりすればいいんじゃないでしょか。


日本も、これからはもっとしたたかになっていいかな、と。
生きていく為には、国益を守る為には「したたかさ」も必要だもの。(今までがお人よしすぎ)

そりゃ
面倒な事は考えたくないし
楽しい事だけ考えていたいんだけども
それを、未来に渡って持続させる為には

「健康」で「安全」で「安心」な国であってくれなくては
「楽しく生きる事」すら存続できなくなるもの。

自分の人生なんてたかだかあと30年くらいだけんど
その先には、子供達の未来も続くんだもんなー。

政治家が決める事ではあるけれど
その政治家を決める1票は、私にもあるんだし






実際のところ
世界経済で中国が台頭してるのは事実。
日本が「失われた20年」と言われてるのも事実。


でもそれは「盛者必衰の理」。
仕方のない事なのだと思う。




中国は今は、昔の日本のような、バブルな時期なんだと思う。
あれだけの人口と市場と広大な国土を持ってるのだし。

や、日本も、この国土面積&人口 で
しかも少子高齢化が進み
アメリカや他の国から、円高操作で意地悪されて(笑)
おまけに震災まで起きて・・・

なのにここまで持ちこたえてるって、結構、健闘してる方じゃね?(GDPは減少してるけど)
他の国が、仮に同じ条件だったとしたら、もっと激しく国が衰退してんじゃね?
ヒーヒーしながらも、なんとか持ちこたえているのは
「真面目で勤勉で、我慢強く向上心のある国民性」が本来あるからだと思うんだけど、どうでしょう?

円高さえなんとかなれば競争にも勝てるのにねぇ・・。


一方、中国は
あの広大な国土と、人口の多さが
反面、諸刃の剣にもなりかねないですよね。

中共一党独裁が、今後も続けばどうなるか・・・。
現に、今は
都市部に住む富裕層と、地方に住む農民や労働者たちの経済格差は深刻なよう。

もっといえば
政治的重職の方達だけが、さらにいい思いをしてる。

一人っ子政策の結果で
数十年後には、中国も少子高齢化を迎える。

あの人口で高齢化社会・・・想像するだに恐ろしい・・。

まぁ、十数年先まで、一党独裁が保ててるとは思えないのだけれど。
今、日本に向けられてる怒りや不満が、そのうち政府に向かう可能性はじゅうぶん考えられますよね。

中国の国民自体は、
政府に誘導されて、乱暴になってる人もいるように見えるけれど
一方では、理知的で、客観的に自己分析できる、自浄能力がある人も確かにいる。

自国内では、自由に発言ができないから、今は沈黙している人も
一党独裁が終われば、かなり変化するだろうと思う。

もちろん
警戒しながら、相手の出方を見極めつつ、
乱暴な手段を選ばなくても済むように気をつけながらも
譲歩できない事は譲歩できないと、毅然とした態度を見せつつ
完全な物別れに終わらない努力が必要だと思う。←めっちゃ難しい(汗)

今少しずつ、日本企業は中国からの撤退を始めて
他国へシフト開始してると言われているけれど
それはいい動きだと思う。

しばらくは、日中双方にとって痛み分けであるとは思うけど
それでも日本は、今しばらく耐えて
産業分野での進出は、今後は控えていった方がいい。
「販売、流通」のみに移行していけば・・・。




日本という国は、資源がない、ない、と言われていたけど
実は海洋資源の宝庫であるらしく(だからこそ狙われてるんだけども)
代替エネルギーとして、今後の開発に大きく期待されてるものも少なくない。

それプラス日本の技術があれば
経済大国上位にまではならなくとも
そこそこ内需・外需拡大できるようになるかもしれない。

国防の意味では
正直アメリカなしで大丈夫かなーって不安があるから
ある程度、顔色伺わなきゃいけないという弱点もあるのだけども。

なんせ周辺国にオカシな国がいくつかあって
しかもこぞって日本をバッシングしてくるからぁ。
(周辺国がブータンみたいな平和な国ばっかだったらいいのに)


でも、日本は
自分から仕掛けることはしないけども
ディフェンスという意味においては
世界でも有数と認められているのです。
海に囲まれてるという利点もあるから簡単には上陸できないし
海自力には定評あるらしい。

今後、政権が変われば、一部憲法の見直しもされる可能性もあり(どの政権になるかにもよるけど)
乱暴な手段に出てくる相手に対しては
それなりの手段で、毅然と臨むようになるのかも。

あくまで、しかけてきた者に対してのみ行う手段。という意味で。

あーでも
どこかの国で紛争起きた場合
アメリカに声かけられたら断れなくなっちゃう心配も出てくるかもしれないねぇ・・・。

TPPも断りにくくなるのかなぁ・・。
農産物や加工食品・医薬品など、外国からの輸入食品(特に中・韓)は、正直怖いんですよね~。
処方薬とかでもイチイチ「メイド・インどこですか?」って聞かなきゃいけなくなるのはヤだ~。






増税については
「純粋に復興の為」とか
「国防」とか
戦後頑張ってきてくれたお年よりの方たちへの「福祉」や「年金」とか
ips細胞やその他の、「研究や開発」や
子供達への「教育」やら
そういう有意義な事になら、私、喜んで税金払います!(微々たる税金ですが、ハイ)




今、確かに、日本経済は苦しい局面にあるかもしれないけど
希望はあります・・・よね?・・・多分。


中国がレアアースの輸出規制をして意地悪しかけてきたけれど
日本企業は、レアアースに変わるものを自主開発して
「あー、もうレアアース必要ありませんからー」
って、クルっと踵を返したし
インドからレアアース輸入できるようになったみたいだし。
(中国ったら意地悪なんかするからレアアースの値段暴落しちゃったじゃん。自滅だろ。)


韓国に対しては
数年前にアメリカで起きた、ト○タ車大規模リコール問題(背景にはこういう説も)
の意趣返しとばかりに
米韓FTAに乗じて、北米経由で韓国にト○タ車販売拠点を置いて。

現代自動車の、アメリカでの「燃費水増し問題」のタイミングで
しかも韓国が喉から手が出るほど欲しがってる「ハイブリッド」を引っさげて、である。
韓国内でも現代自動車への不信感が募ってるこの時期に・・。
・・・ト○タもやるのぉ~。いけずぅ~。


でも、日本企業がそう出るのも仕方ない。
為替相場も含め
今までどれだけ煮え湯を飲まされてきたか。

為替の問題だけではない。
新日鉄が訴訟をおこした事例もあるように
これまで日本の技術の漏洩も然り。

様々な、過去の反省を踏まえ
今後は「技術」に関しては日本企業はかなり慎重になると期待します。
「引き抜き」や「漏洩」など、今後かなり警戒していくでしょうし
したたかな戦略もしかけていいと思います。




韓国経済については
一説では
限られた財閥のみが市場を独占していて
経済が好調のように見えて
その実、個人所得の内情は苦しい。
とてもいびつな経済構図とも言われてます。←わかんないけど

加えて、その財閥も
サムスンはアップルとの訴訟を抱えているし
現代は、燃費水増しの件で、今後集団訴訟と多額の賠償を抱える事になるでしょう。
訴訟の国、アメリカは、手厳しいと思うよ。

危険水域にあるこんな時期に
日本とこじれちゃってねぇ・・。




韓国との経済交流は、今後どういう方向に向かうのか
政権変わってからでないと、方向性がまだ見えないけれど

歴史事実や、色んな問題について
多くの人に、広く認識されるようになってきたので
これまでのようにはいかなくなるのは致し方ないかな、と。

少なくとも、日本においては
現政権は甘い対応だけども
国民の多数が知ってしまったのだから
世論をあからさまに無視はできないでしょう。


それに韓国自身も
トップ交代があったにしても
しばらくは「反日姿勢」(あっ言っちゃった:汗)が続くでしょうしね。
そうでなければ韓国国民の支持が得られないようだし・・・。

政府が反日教育を続ける限り
韓国国民から「恨」の精神は消えないし
日本も、いわれなき誤解を、海外にまで流布されるようであれば
今までのような甘い対応はしないでしょうね。 例えばこういうカンジに




「韓流文化」については
アニメファンがいるように
韓流も、コアなファンはまだいるから
輸入が制限されるような事はないとは思うけれど
以前のような勢いが再来する事はないかなぁ・・・と思ってます。←わかんないけど

政治と文化は別だと基本的には私も思っておりますが
韓国自体が、政治と文化・スポーツを切り離して考えないからねぇ・・・。

多分、韓国も、日本市場を縮小して
徐々に、中国へ経済シフトするんじゃね?こういう計画もあるみたいだし。


ただでも
中国は、日本みたいにお人よしじゃないから
気をつけるんだよー。
したたかで一枚上手だと思うよー。

カナダも、中国人の土地買占めに危機感感じて
中国系移民の規制始めたからねー。


ホント、何やってるんだろね、韓国・・・。(←ことごとく言っちゃってます:汗)
日本人って滅多に怒らないのにさ。


まあ、あちらがそういう道を選んでしまったのだから
あとは自己責任で、日本を頼らず何とかするっきゃないっちゃね。←わしゃ知らん


そんなこんなで

それぞれの国が
それぞれに
違った意味での「自立」をする事が必要だなぁ。と思った次第です。



だからといって
LBHや他のお気に入り俳優については
「金輪際、もう観ないからっ」なんて事は
私は思っておりません。

キレイごと飾ってるような雑誌やら、あきらかにふっかけてる値段のグッズなど(笑)は
今までも買ってこなかったから
映画が公開されたら見る。ってスタンスは
これまでとあんまり変わらないと思う。

この人の演技いいわ。って思ったからファンになったり
この作品いいわ。って思ったから好きになったワケなんだから
親日か、反日か、なんてのはこの際もういいのだ。(←ぶっちゃけて言いすぎてますかね:汗)

そりゃ嫌いより好きであってほしいけど
真意を確かめる術もないし
仮に聞いたところで
完全な民主主義国家とは言えない韓国で
そんな事を問う事自体、ナンセンスだと思うもの。

だから、そんなこたあ、どうでもいいや。


一時、韓国ドラマ見る気がしなくて遠ざけてた時期も
つい最近まであったんだけど

たまってた「王女の男」をみたら
「あらイイじゃん。」って思ったし。
「個人」や「作品」には、何の落ち度もないんだもんね。史実かどうかはさておき:笑


どうも相容れないなぁ。と思うのは
あくまで「国家」「組織」「思想」であって
決して、「誰か特定の個人」ではない、まぁそんなところです。

これはあくまで私個人の意見であり
押し付けるようなものではありません。
それぞれが、それぞれで何をどう感じるかは自由ですのでね。





と、こういう結論に至った後で
コレ↓ 読むと、結構ふむふむ。って沁みますた。




祗園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらは(わ)す。
おごれる人も久しからず、
唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、
偏に風の前の塵に同じ。    









スポンサーサイト
 
あしばん #sSHoJftA
ほんとに 
風の前の塵に同じ…なのに、
目先の利益というかプライドというか、そんなものに囚われ
取り返しがつかなくなるのは、古今東西…ですね。

私が一番やっかいだな〜と思うのは、近隣国の小さな頃からの
偏った教育というもので、こういうものの根の深さを考えると、
長い長い時間がかかるのだろうと(変わるかどうかもわからないけど)
ちょっとため息がでちゃったりもします。
もちろん、だから「個人」の問題ではないんですよね。

ただ、昔と違うのは情報の流れ方だから、
どんなに統制?などがあってもネットやその他で
いろんな情報は小さな隙間からだだ漏れになって、
極端な偏りは少なくなっていくのかなというのが、ほんの僅かな希望かも。

日本には、凛とした、といういい言葉があるんだもん。
媚びずにまっすぐに歩けるひと(ひと?^^)になってほしいなぁ。
ほんとに…ひとのお世話の前に自分ちだよ、うん。

何書いてるんだかわかんなくなっちゃったけど^^
まんずまんず、こういう話題にちゃんと向き合おうとするれいんさんに+1拍手さ〜。
train れいん #-
あしばんさん 
うわー。この記事にコメント頂けるとは思ってなかったので凄く嬉しいです!
下書き段階から悩みに悩んだ挙句、覚悟を決めてのアップでした。

> 私が一番やっかいだな〜と思うのは、近隣国の小さな頃からの
> 偏った教育というもので、こういうものの根の深さ

そうですよね。
日本がいくら事実を精査し、お互いに公正に検証し合おうと働きかけても
議論のテーブルにさえつこうとしません。
事実を明らかにする事が目的ではなく、逆に都合が悪いからです。

サッカーのメッセージの件でもそうです。
仮にこれが日本がやらかした事であれば(そんな事はするはずないけども)
「なんて恥ずべき事をするんだ!」という世論が起きるでしょうし
当局からの審判が下る前に、日本の協会から当然厳正な処分が行われるでしょう。
これは日本だけではなく、概ね諸外国も同じ行動を取ると思われます。
問題は、「どちらの領土か」ではなく
「五輪憲章に違反した」という事実であるのに
いつのまにか論点はすり替わり
該当選手は国からの各種恩恵を受け、英雄視すらされてるくらいです。
残念ながら、それが実態です。異質である事に気付いていない実情です。

こういう事例には、枚挙にいとまがないのですが
私はあるところで異様な画像を目にした事もあります。
かの国の議員さんらしき一団が、どこかの会場みたいなところで
正装した姿で列をなし、日本の国旗をゾロゾロと整列して平然と踏んでいた画像です。
一部の国民が一時の興奮に流されて感情的に国旗を燃やすのとはワケが違います。
一国を代表するリーダーたる方達が、まるで日常の風景のように、です。
(中国ですら、国のリーダーはそこまで幼稚な事はしません)

それもこれもすべて悪しき教育の賜物だと思っています。(マスコミの罪も大きい)



> ただ、昔と違うのは情報の流れ方だから、
> どんなに統制?などがあってもネットやその他で

これは私も考えました。
ネットの時代、知ろうと思えば知る事はできるし
実際現在、海外在住の方達もたくさんいるのだし・・と。

ですがそれも記事内にあるように、在米の方々でも
決まった地区で結束を固め
自分達が思うところの「常識」から脱しようとはしてないようです。

アイデンティティにかかわる事なのでしょう。
「なぜそうなのか」という事は
このコメント蘭で簡単に語れるような話ではなく、根深い問題だと感じております。


> こういう話題にちゃんと向き合おうとするれいんさんに+1拍手さ〜。
ありがとうございます!
内心とても怖かったので、勇気を頂けるお言葉に深く感謝!です。

事実から目や耳を閉ざす。という意味では
日本も同じです。(残念ながら日本のマスコミも、違った意味で完全に偏向しております)

今後の日本を方向づける、大事な選挙が近い今、
まずは「知る事」から、私達も一歩踏み出さないといけないと強く思っております。
train れいん #-
補足ですが^^; 
ご理解頂いてるとは思いますが
私は決して「右寄り」でも「排外主義者」でもありません。
自分の国の将来を憂いているのと同じ様に
かの国の将来をも憂いています。
韓流の終わりとか経済交流の縮小などではなく
経済危機に瀕してるかの国が、いったいどこへ向かおうとしてるのか
経済的にも主権的にも、事実上の独立性を失ってしまうのではないかと、それがとても心配なのです。
LBHがいる国だから・・。

現に今日もこんなニュースが・・(溜息)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121121-00000165-jij-int
露や中にどんどん擦り寄っていってる構図に溜息です。
あしばん #sSHoJftA
うん… 
何度もすみません^^

>自分達が思うところの「常識」から脱しようとはしてないようです。

そう、そうなの、疑問をもつとか、客観的にはじめから見渡してみよう、
相手は何を言おうとしてるのか考えてみようとかいうことをしない…
まぁ、これは大なり小なりどんな人間(人種)にもあることだけれど、
正誤の話だけじゃなくて、変わってもいいかも、変わったら自分の周りの
世界も変わるかもという気持ちがなければ発展(変化)しないのに…と思う。

対立し、相手を卑下し、奪い合うことだけに力を費やすのはもったいない…
なんて思うのは世間知らずの戯言なのかなぁ。

考えれば考えるほど胸は重くなっちゃいますが、
せめて、目を背けず長く注視していきたいなと思います。
train れいん #-
あしばんさん 
このようなディープな話題にお付き合い下さって本当にありがとうございます^^

あしばんさんが絡んで下さらなかったら
「れいんさん、どうしちゃったのかしらね。右寄りの危ない人になっちゃったのかしらね」
って、冷ややかに見られるところでした(いや実際見られてるかも:汗)

ま、それも想定内で、下手したらブログやめる事も覚悟で
それでも
世界で起きてる、特定アジアで起きてる、または日本国内で起きてる事実をちゃんと目を開いてみてほしい。
と思って書いたんですけどね。

> 疑問をもつとか、客観的にはじめから見渡してみよう、
> 相手は何を言おうとしてるのか考えてみようとかいうことをしない…

本当に、これは今回の事でもそうですが
これと似たような印象は
前々からLBH界においても感じていた事で
それがどうにも私的には違和感感じる事でもありました。

以前からそういう疑問を持っていたので
今回の事で、点が線に繋がって腑に落ちた・・というか。
受け止めるまでには相当葛藤がありましたけどね~。

でも、だったらこれからどうすればいいの?何ができるの?←今ココらへんです(笑)


> 世界も変わるかもという気持ちがなければ発展(変化)しないのに…と思う。

「どういう未来を望むのか?」
という共通意識があれば、手を携えられると思うんですけどね・・
でも現状では、相手が未来志向ではないので難しいですね。

それにしても
今回私は
マスコミの「誘導」「悪意」がいかに恐ろしいものか
背筋がぞっとするほど思い知りました。
また、そのような国益にもならない偏向報道がなぜ行われるのか
その背景を知ってまたまたゾゾゾゾ・・。

ですが
今では私も
「このニュースで目くらましして、こっちの話題には目がいかないように隠蔽してるな」とか
「この記事は一見強気でこう書いてあるけど、裏を返せばこういう意味だな」とか
随分、目利きになりましたよ~(笑)

先日お亡くなりになった
評論家の三宅久之氏が常々
「平和ボケが日本を滅ぼす」と仰ってて
当時は私も「またそんな、大げさな」などと思っておりましたが
今はすごくその意味がわかります・・・。

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。