スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
選挙のあと・・。 
さて、選挙も終わりましたね。
あらかじめ予想されてたとはいえ
これほどまでの圧勝になるとは。

「積極的に支持」という方も
「消去法でいくと、うーむ、ここしかないのかな」という方も
色々であったのかもしれませんが

いずれにしても
「早くどうにかしてほしい」「安定した政権を」
そういう意思が働いたのでしょうかね。






中には

耳障りのいい理想論をぶちあげる党もありましたが
「その方向性には賛同するけど、じゃあそれを実現するための具体策は?」
となると口ごもるような、リベラル派を気取った党には
国民も若干のトラウマがあったかなーとも思われまする。

この結果を受けて
必ずしもそれを歓迎しない国、または勢力もあるでしょうから
今後、またマスコミからのバッシングが起こることも予想されます。

重箱の隅をつつくように粗探しをしてあげあしを取らず
これまでクルクル目まぐるしく変わってた事の方が
よっぽど海外にも恥ずかしい事なので
じっくりと政策に取り組めるような環境になったらいいな、と思います。

正直
世襲だ、何世だ、スキャンダルだ、漢字が読めないだ、
そんな事は特に問題じゃなくて(と私は思いますが)
政治家として、国益にかなう有能な仕事をしてくれれば
それでいいのではないかと思います。
(親の七光りなだけのボンクラとか、失言ばっかりの品性のない政治家とかはNGだけど)





さて、海外の反応はどうでしょう。

まだ正式に首相になったワケでもないのに
オバマ大統領から祝辞の電話があったとか。

中・韓は、この結果が面白くないようですね(笑)
何でも言いなりになる従順な国であってほしいようです。

「日本の右傾化は、アジアの平和を乱す。強い警戒感を示す」
概ね、そのような論調だったと思います。

いやいやいや、アジアの平和乱してんの、アンタらだから(笑)

ていうか、「右傾化」って何?
フツーにまっすぐの真ん中じゃないスか?てか、海外を見ると、日本はまだまだじゅうぶん左寄りじゃないスか?
しょっちゅう国旗燃やしたり、反日教育しまくってるアナタ達が、どの口で言いますかね(笑)



他、アジア諸国(インド・タイ、フィリピン、などなど)からも祝辞があったようで(イギリスからも)
多分、中・韓、(北も)以外のアジアは
ほぼ期待感を持って見ているのではないでしょうか。


最近、韓国がおとなしいのも
安部政権の誕生に
「やっべ~~~」とかアセってるのかもしれません。
こんな記事 が出ておりました(笑)

ちょっと前の記事には
日本が右傾化したのは、中国(反日暴動デモ)と、北朝鮮(ロケット)のせいだ。
とか言ってました。

自分とこがしてきた事は、すっかりなかった事にしております(笑)
いやいやいや、アナタのとこも、かなりMVPだったと思うヨ。

そうやって
顔色を伺いつつも
また中国と一緒にこーんな事 もコソコソしてます。

ホント、この国は
強い国に媚へつらい、自分の主張を通すためにはその時々で立場をコロコロ替え
結果、責められたり、制裁を加えられそうになると
途端に被害者の立場になろうとする、恥ずかしい国だな、と思います。


安部総裁は
来年、一番の訪問先を「アメリカ」と明言しています。

やはり、軸となる「日米同盟」の信頼関係が第1だという意思表示なのでしょう。
TPPとか面倒クサイ事も持ちかけられるんだろうけどね。
(非公式でもいいから、津波の際の漂着物がアメリカ海岸に流れ着いて影響を与えてる事への謝罪などもして来てほしいです)

アメリカの中にも、反日勢力はあって
ニューヨークタイムスとかも、たまに、反日的な論調の記事が出る時もありますが
(イギリスだと、フィナンシャルタイムスとかもそう)

でも、こういう動き もあるという事は、それが国としての意思なのかな?

これが、中国への強いけん制&メッセージになり
愚かな事をさせない為の抑止力になり
結果、アジアの平和(世界の平和)に繋がれば・・と願います。


新政権が、外遊先にどこを選ぶのか、または、その順番。とかも
ちょっと注目しとこうかな。

アメリカの次は、どこかな。

メンツをたてるのと同時に
けん制とか、外交戦略をチラつかせる意味もこめて
苦々しいけど、次は中国を選ぶのかな・・?

また、新しい関係を築いていこうという意味で
インド・ミャンマー・などなども訪問するでしょうか?

さて新政権にとって
韓国の位置づけはどのくらいでしょうか。そこも注目しとこうと思います。


韓国も大統領選の選挙結果がそろそろ出るでしょうが
その後の、訪問先とかも注目ですね。

日本よりも立場が難しいでしょう。

一番の訪問先は
中国か、アメリカか・・

そろそろ
どちらにもイイ顔をしてたツケが回ってくるかも。

北のロケット発射の際は、
アメリカは事前に察知してた情報を
日・韓両方に提供していたそうだけど
韓国側から、あまりに情報ダダ漏れするので
しまいには、韓国には情報シャットダウンしたそうな。

アメリカは、韓国の動きをちゃんと把握しているでしょう。
その上で、今後どうするのか見ているのでしょう。

FTAで経済吸い尽くしたあげく
中国、北朝鮮との関わりいかんによっては
韓国での米軍撤退も視野に入れてるかもしれませんね。

そうなるとどうなるか
北が侵攻してくるか、
または北の影の支援者でもある中国が
実質支配してしまうのか

そういえば
韓国史劇とかでも
よく疑問に思ってたのですが(今は歴史をちっと学んだから理解できたけども)

なんで王位を継ぐ事を、清の皇帝(秦かな)とかに
いちいち了解得なきゃいけないのかしら。

清国の使節団とか(今で言えば官僚クラス)来たら
やたらピリピリお迎えしたり、過剰に接待しまくったり、献上品贈ったりしてたけど
なんでそこまでしなきゃならんのかしら。

ってね。


また同じような関係、同じような歴史を繰り返さない事を願うばかりです。
率先してその道を選ぶ。というのなら、止めはしませんが。






スポンサーサイト
 

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。