スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観たドラマ、観てるドラマ 
ここんとこ、ブログのサボリ癖が止まらない(^_^;)

イヤ、だって
面白いブログさんを読みだすと自分ち書く時間がなくなるし
ドラマや映画を見ると、自分ちで感想書く時間なくなるし・・

まあ
あんまり需要もないだろうし
読んでる方がラクちんだし
なんかつぶやきたい事とかあればツイッターで済むし
別にもういいかな?とか思ったりしてグダラグダラ(笑)

が、たまには浮上せねば・・。














さて
前クールで録画してた「ゴーイングマイホーム」の視聴終了しました。

コレ、諦めずに録画しといてヨカッター。
挫折せずに観終われてヨカッター。


何というかコレ「面白いから見て!」って誰にでもおすすめできる感じではないんだけども
「好きな人は好きだと思う」系のドラマ。って印象ですだ。

あまりにも何も起きないッス。
マジで何も起きなさすぎる(笑)

たとえば
何か事件(謎)があって少しずつそれが解明されていくとか
家族でゴタゴタあって紆余曲折とか
男女が、好きだの嫌いだの言うてくっついたり離れたりとか・・

そーゆーの、ホント見事に一切ないッス(笑)

映像がキレイで
田舎の風景とか特に、優しい雰囲気で
お料理とかも繊細で美味しそうで

家族のなにげない会話も、ゆるゆると続いてる感じ
たまに出てくる小人サンも
現実なのか夢なのか曖昧で
現実にいたとしても、その小人サン達が何かをするワケでもないし

最初は、そのゆったりとした心地よさに
ちょいちょい眠気が発動したもんだけど

途中から、不思議な事に、なんかハマリ出したんですよね。


最終回とかね
やっぱ泣いちゃったりしましたしね。

家族の距離感。とか
死生観。みたいなものが
フワフワとやわらか~く織り込んでるようなドラマだったかなあ~。

父と息子、夫と妻、父親(母親)と娘・・
色んな人間関係が描かれているんだけども

最初の印象では
この家族には、「決定的な距離感」とまではいかないんだけども
何か微妙な距離感とか行き違いがあるようで
それが少しずつ少しずつ、距離が縮まっていくような
心がほっこり暖かくなるドラマでした。

生きるって
誤解や思い込みの連続なのかもしれないなあ。

大切な人が亡くなった時
故人がどんな生き方をしたか、も大切だけど
これから生きていかなきゃいけない人達が
故人が何を残していったのか、を感じる事考える事が大切なのかなあ。

なんかグっとこみ上げるモノがありました。

故人は幸せな人生だった。と(故人はどうあれ)遺族が思えればそれでイイ。
ふと思い出す故人の記憶に、遺族が優しい切ない気持ちで満たされればそれでイイ。
もっとああすればヨカッタ。という、その後悔すらも愛しい感情。

そんな風に思いました。


是枝監督さんは、やっぱり優しい人だな。って
ホント好きだわ。

ちょっとドラマ向きではないかもしんない・・
と思わないでもないけども(笑)

従来の、よくあるステレオ的な、一方的に与えられるドラマみたいなのじゃなくて
行間や余韻で、各々が何かを感じ取って下さい。みたいなのを
やさしくジワジワーっとくるようなのを
あえて作りたかったんじゃないかな。って思った次第です。







・・・あれ?
なんか長くなっちゃった。暑苦しいッスかね(笑)







あと、今観てるドラマは


「まほろ駅多田便利軒」
「まほろ駅 番外編」

三浦しおんさん原作で
映画は観た事ありましたが

瑛太&松田龍平コンビでドラマやるってんで
楽しく視聴しております♫

こちらも、ゆるゆる~っと脱力しながら
でも根底に、チラっと義理や人情や悲哀なんかも織り交つつ
1話完結で気楽に見れるドラマです。





もひとつは
佐藤健クンが出てるってんで観始めた「とんび」

実際みてみると
(今んとこ)佐藤健クンよりも、内野聖陽さんの出番の方が多いんだけど

これが思ってた以上に良くて、今いちばんお気に入り♫

こちらも父と息子や、家族愛を描いたもの。

毎話、なんかウルウル泣けて
ティッシュ片手に観てるドラマです(笑)



あと、録画はしてるんだけどまだ手をつけてない。ってドラマもあるんだけど・・


最近、日本のドラマも
「ここらでちょっと頑張らねば」って思ってるのかわかんないけど
なんか良質のドラマが見れて、いいカンジ。
もっともっといいもの作ってくらさい♫













スポンサーサイト
 
ぴか #SYJ6lyGE
ゴーイングマイホーム 
これにしか絡めませんが(^^;;)

視聴終了おめでとうございますm(_ _)m
ですですです!ほんとにそう!ある瞬間ふっとはまるんですね、あのドラマ
なんでかわかんないの、最初は「なんかつまんなくない?」ってチロッと思っちゃうのに、頑張って見続けてると、あれっ?あれあれあれっ?てどんどんはまり込んでいくのですよね(u_u)

なにこれ、そうなの?かたいカラをひと皮ひと皮むいてくの?
なに、あんた、そういうワケでそういうカンジだったの?
なるほどねぇ…って、人が人と知り合うときに似たような進行具合だった気がします。
そして段々と家族の絆が深くなっていくのがたまらなかった。
後悔するのは愛があるから…っていうことばに、なんかすごく救われました。これからもきっと救われるんだろうな。

クーナの足跡見つけた時の、あべちゃんと西田さんの絶叫、大爆笑しました。
ほんと、いいドラマ見せてもらった~。
でも、これ、リアルタイムでオンエア見てたら挫折したろうな。
これは、CM抜きでじっくり見たい作品だと思いますです。
train れいん #-
ぴかさん 
いやあ~。
ぴかさんの好感触を聞いてなければ
途中で挫折してしまったかもしれないです~。
ありがとうございましたm(_ _)m
「噛めば噛むほど後味ジワジワ・・」なドラマでしたね♫

たびたび出てきたセリフで
「世の中は目に見えるものだけじゃない」みたいなセリフあったじゃないスか
このドラマもなんかそんな感じですよね
目に見えるものだけ見てたら何を伝えたいのかよくわからない

監督さん、根低はとてもお優しくて
キホン人間好きの方だという印象ですが
チクチク遠まわしに皮肉を混ぜるのもお得意なようなので(笑)
今の世の中の
「見せられるものだけを見て、物事の本質を考える事を放棄するような雰囲気」に
ちょっと違う形のものを提供したかったのかなあ?なんて・・・深読みしすぎですかね(笑)

監督さんの映画で「歩いても歩いても」ってのがあるんですが
このドラマの雰囲気とよく似てます。
淡々とシュールな会話の中にププって笑えるようなところがあって
あったかくてホロリ切なくて・・みたいな「家族を描いた映画」です。
アベちゃん、樹木希林さんなどが出演してます。
地味だけどとても好きな映画なので
ぴかさんも機会がありましたらぜひ~。

しかしアベちゃん、色んな役やりますよね~。
「めんずのんの」のモデルからデビューしたときは
まさかここまでの俳優さんになるとは思わなかったッスよ。




秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。