スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルゴ 
(2012年 アメリカ)
343336_02_01_02.jpg
監督 :ベン・アフレック
出演 :ベン・アフレック ブライアン・クランストン アラン・アーキン 他

これは、この前のアカデミー賞の作品賞に輝いた、実話を元にした映画。
主演のベン・アフレックが、制作&監督したという
その意気込みをとても感じられる映画。
受賞のスピーチでも、興奮気味に喜びを表してた姿が印象的でした。







これは実際に
79年にイランで起きたアメリカ大使館人質事件の際に、CIAが極秘で行った作戦を映画化したもの。
当時のレーガン大統領は、政治的な配慮でこの件を機密事項にしていたのだけど
時の経過とともに機密扱いが解禁になり、映画化に至ったという経緯。


これ
「えっ!マジでこんな作戦やったの?」ってくらい
荒唐無稽なミッションで、アメリカならでは、というか
アメリカだからこそできる作戦なんだろうなぁ。


泣けるとか感動する系の映画ではなくて
チリチリするようなスリリングな展開と
2時間集中しっぱなしなスピード感と
鑑賞後の高揚感が気持ちイイ映画でしょうかね。

エンディングで
救出される6人の、実際の写真が映ったのだけど
演じた俳優さん達がもう、実物じゃないかと見紛うくらいなりきってて
そこらへんの拘りもスゴく感じました。

構成というか
見せ方というか
観る者を飽きさせないエンターテイメントな作りも私は好感持ちました。


ま、ただ
アメリカ映画ではよく見受けられる
「アメリカは正義だ」的な見せ方は
他の正義映画に比べたら、若干抑え気味ではあったにしろ
やっぱり、そこかしこに多少見えたかな、許容範囲ではあるけど。


映画の面白さや満足感とは別に

そこまで深く掘り下げてはないのだけども
(多分そこに重点を置くと、エンターテイメント性が少なくなって重いテーマになっちゃうからかな)
チラホラと
世界が、人類が抱える普遍の問題
みたいなモノが垣間見えた気もしました。


民族、文化、言葉、、思想、宗教・・

これだけの多様化した民族を
同じ価値観で理解しあおう、というのは
不可能に近い事なんだろうな、って思いました。

これはアメリカ目線で観たモノだから
イ○ラム圏の中でも特に過激とされる、イ○ラム原理主義の武装派組織が
とても怖くて話も通じないように描かれているのだけれど
仮にあちら目線で描いたとしたら
「なんでアメリカの価値観を、オレらに押し付けるんだ」
って話になっちゃうのかな・・なんてね。

もし・・イランが石油産出国でなければアメリカが関わる事なかったのかもしれないな・・
でもそうなったら貧しい国になっちゃったのかもしれないな・・
「たら、れば」で考えたところで、何も答えが出ないのだけども。



ま、でも
フツーに平凡に暮らしてる私などから見れば

空港に銃持った武装派集団が
搭乗ゲートで検閲してる図なんて

怖くて怖くてブルブルしちゃって
後ろめたい事何もなくても
落ち着かなくて挙動不審になっちゃって
それを怪しいと思われて
別室に連れて行かれて尋問されて
言葉通じないから弁解できなくて
そのままなんだか恐ろしい事になっったりして・・

なんて事を想像してしまいました。



なんかまぁ
多少の問題あるにしても
八百万(やおよろず)の神々がいるとされる
とりあえず宗教には寛容な日本に住んでてヨカッタな・・・。
と思った次第です。







スポンサーサイト
 
ikachan #0mJyLOcs
淡々と 
こんばんわ

あんまり好きなジャンルじゃ
ないんだけど、
作品賞取ったから観たいなって
お連れ様の希望で観てきました

ふむふむでしたわ。やはり。
私のような情で映画観る、俳優に萌える
性質の人間には

予測通り
感心しても感動はしないわな、
な映画で淡々と見終えましたとさ。

LAの事務所にいたスキンヘッドの人は、
助演男優賞にノミネートされたんですね
ダニエルDLの妻の映画で
キアヌに堕ちたヒロインのダンナ役
演った時のが良かったなと思う

アカデミー賞って、あのときはスルーしたけど
あれも併せて的なノミネートもある気がするな
とか思って見てしまいましたわ、淡々と(笑)。
train れいん #-
ikachanさん 
おお。あまりお好きなジャンルではなかったんですね。
私は、スラムドックミリオネアを観た時の高揚感を思い出しました。

> 情で映画観る、俳優に萌える
私も、そういった気持ちで観る映画もあれば
作品の完成度で観る時もあるし・・その時その時のカンジです。
でもたまに、全然知らない俳優さんの全然ノーチェックの映画で
すんごい掘り出し物見つけた時の嬉しさってのも。←これがあるからやめられない(^^;)
完成度+好きな俳優 どちらも満足♪って映画にたくさん出会いたいですね^^

> LAの事務所にいたスキンヘッドの人は、
> 助演男優賞にノミネートされたんですね

アラン・アーキンさんの事ですよね?
「50歳の恋愛白書」にも出てましたっけ?←キアヌの事は覚えてるけど他は記憶障害になってます(^^;)
この方の映画、いくつかしか観てませんが
助演男優賞を獲った(と思う)「リトルミスシャンシャイン」は大好きです♪
ファンキーなおじいさん、ハマリ役でした

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。