FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタズラな恋愛白書 
このところ、雨続きで鬱陶しい毎日ですね。


そんな時
イライラ、ギスギスしがちなワタシの心を癒してくれたのが
台湾ドラマ「イタズラな恋愛白書」

えへ。健気な男子はお好きですか(//∇//)

4988102112271.jpg










やー。これはホントに
掘り出し物、というか、棚からボタモチというか(//∇//)


私地方の深夜ローカル枠で週1で放送されててね
寝る前の小1時間くらい、ガッツリ映画だと途中で寝ちゃってるし
ぽけ~~~っと気楽に観れるカンジかな?って事で
予備知識もなく、特に期待するでもなく
なんとなく暇つぶし。
くらいな気持ちで録画してたんですよ。


最初はね
「ふーーーん・・・」ってカンジで観てて。


主人公役の男女、どちらにも特に興味は惹かれない。
ドラマの作りも、韓国ドラマに比べると、良くも悪くも、激しさやインパクトがなく
性悪な人とか喚き散らす人がいるでもなく

ちょっと昔の日本のレンアイドラマっぽい感じで

お国柄のせいなのか
明るくておおらかな感じの、心地よい眠りにつけそうな
優しい味付けのドラマでした。


物語的には

高校大学からずっと腐れ縁(15年間)の男女
恋の悩みや仕事の悩み、事あるごとに何でも相談し合ってきた間柄で
お互いに「一番の親友」と認め合ってて。

無くてはならない存在なんだけども
トキメくには、タイミングもチャンスも失ってしまってて

何より、愛だの恋だので
その関係を壊してしまう事を恐れて
「永遠に近くにいる為に」
「親友」という言葉でお互いを納得させてきた。

が、彼女は30歳。
そろそろ、恋も仕事も切実な立場になってきて・・・。


さて彼らは「友達」の境界線を超える事ができるか・・・?





というような

んまあ少女漫画ちっくな、どっかで見かけたようなお話ではあるのですが(^^;)

んーラブコメって感じでもないし
割と30代、働く女性の揺れ動く気持ちとか
想いを胸に秘めたまま、彼女を見守り続ける男の純愛とか
笑えるコメディってよりは
切実感あるっぽいドラマかな?


主人公二人の第一印象は

彼女の方は、んー、気ィ強くてちょっと高慢ちき。ですね。
観る人によっては、彼女のキャラは鼻につく。って人もいるかも。

角度によっては「千秋」に見える時もあるし
すんごくツルんとキレイに見える時もある。
ファッションは、OL風ファッション(アラサーのキャリアウーマン設定だからね)
日本のドラマのファッションとも違うし
韓国ドラマのファッションともちょっと違う。

インテリアやファッションも
食べ物も、文化や習慣も
家族や他の人たちの繋がり方、みたいなのも
その国で色々と特徴があって、見比べると面白いです(*^_^*)

台湾ドラマの印象は
おおらかであったかい、カンジ。
人柄も、日本のどこか地方のあったかい大家族、みたいな雰囲気かな。

国民性という意味では
割と日本人とは近い感覚なんじゃないかなあ?

「え?なんでそういう発想?理解できんわー」
みたいなの、あんまりなかったもんね。



で、そういった
優しい味付けの平凡なドラマに
なぜこんな感想書くほど入れ込んじゃったかってーと(^^;)


「彼」の役、李・大仁(リー・ダーレン)役に好感持っちゃったから(//∇//)

最初はね

爽やかと濃い。の丁度ギリギリ許せるライン←こう書いた時点で褒めてないやろ(^^;)

特に「イケてる!」って感じでもなく、色っぽいとかも感じなく
ファッションもホントに普通で、カラダつきも普通で
割とどこにでもいるような、一般人ならもちろんイケメン部類だろうけど
特にトキメく存在でもなかったんですけどね

「優柔不断だなあ」とか「押しが弱いなあ」なんて
じれったいような不甲斐ないような印象だったのが
なんか観てるうちにだんだん
優しくて、心地よくて、彼女の何もかも全てを受け入れ尊重し
ぜーんぶひっくるめて見守ってる(15年も)その純粋さに
じわじわ~~~っと心が動いてくるんですよねぇ(^^;)

心がささくれ立ってる時、このドラマ、というか、この彼は
すごくうってつけだと思います♪癒されるわ。

あ、最初の数話はそうでもないかもしれないけど
途中から、彼の一挙一動が、すごく気になり出しましたヨ。

いつの間にか彼を応援しちゃってましたね。
想いが伝わらなくて、彼が憔悴しきったり、荒れて飲んだくれたりしてた時(^^;)
「ああもう見てられないわ・・」って本気で思っちゃったもん(^^;)


ドラマとしては、無駄に長いシーンとか、いらない場面とかもあったような気もするし
彼があんなに無償の愛を注いでるのに
彼女はそれにちっとも気づかないで
(彼が、言わなきゃいけない言葉は言わないで、言わなくていい言葉は言ってるのも悪いんだけどね)
途中、彼女にイライラする時あるんだけども
最終話まで見ると、ホントに幸せな気持ちになったドラマでした。
途中、視聴挫折するとしたら、原因は彼女だと思ふ(^^;)


まあでも
彼の笑顔にはホント癒されましたわー(//∇//)
ドラマのオフィシャルサイトはココ




この、彼を演じた台湾俳優チェン・ボーリン君(//∇//)

60588942.jpg

あ、この画像は多分7年前くらいじゃないのかな。
「暗いところで待ち合わせ」の頃?



このドラマでは、こんなカンジ(30歳設定)

135626152.jpg



ドラマ内でも表情豊かで楽しめた♪

o0240036112020654266.jpg






時々、見え方によっては残念な角度(^^;)とかもあるんだけど
時々「ああこの表情いいわ(//∇//)」って角度もあって
総合的に見ると

「この子、なんか素朴でキュートだわ(//∇//)」

って印象ですた♪

伏せ目の時が特にイイですね。←なんだろうこの細かな観察は(^^;)




水面下のタレコミによると(^^;)
日本の映画「暗いところで待ち合わせ」(乙一原作)ってのにも彼は出演してて
台湾映画「藍色夏恋」「最後の恋、はじめての恋」ってのにも出演してて
それ、私、過去に観てたのに、全然覚えてなかった(^^;)
「台北に舞う雪」ってのにも出てるらしい。



腐女子目線としては、
「ブエノスアイレス」みたいな映画の「れすりー・ちゃん」的な役とかもイケそうな気がする。
表情豊かなので、色々と伸びしろを想像させてくれる楽しみな俳優さんだなと思う。






途中、ツラすぎる回とか、見てらんない回とか、イライラする回は確かにあるんですが
それを乗り越えて最後まで見ると、それまでの事がすっかり吹っ飛ぶような
ハッピー感に浸れます。(ハッピーすぎてバカップルに見えるギリギリラインかも(^^;)




韓国ドラマもいいけど、たまに違うお国の文化にも触れてみるのもいいかも?デス(^^;)




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。