スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうしたもんだか。 
ニュースで、「行方不明になる認知症の方々」の問題が取り上げられてた。
(家人の目を離したすきに外出してしまって家に戻れなくなるケース)
この問題は、これからどんどん深刻になっていくだろうなと実感する。

私の母も、だんだんと緩やかに、認知症の度合いが進行してきてる気がする。
母の場合は、物忘れの症状、というよりも
被害妄想の傾向が見られてて、レビー小体型認知症 か、妄想症 か
そのどちらかに近いと思う。

5年前の手術~入院時に、おかしな言動が始まりだし
脳のMRIを撮った時には特に脳の萎縮は見られなくて
だけど確実におかしな言動が見られて、どうしていいのかわからなくてすごくキツかった。

おかしな言動というのは、例えば
○同じ病室の寝たきりの患者さんが、自分に悪さをする。←寝たきりで動けないのに悪さするはずもない
○お世話になってた担当医(足を向けて寝られないくらいよくしてもらった)が、毒を盛る←ありえない
○お世話になってた担当医が自分に矢を射った後、お姫様だっこで海に流した←説明不要(ーー;)
○病院の地下に秘密組織がある←その病院に地下なんてない
○私の子供たちが漂流して行方不明になった←だったらそもそも私がお見舞いに来れるはずがない

とまあ、想像力豊かというか、バリエーション豊富というか、
これはほんの一例だけど、こういう類の事をしょっっちゅう言ってた。

傍から聞いてると、虚言に感じるんだけど
本人は怖がったり警戒したり、真剣に言ってる。
というか、幻視が見えてるようで、大真面目に訴えてる。

時には大声で
「あの看護師は意地悪」だとか「気がきかない」とか、「御飯がまずい」とか
近くの患者さんに「泥棒」とか言ったり、もう暴言ばっかりで
家族としては、顔合わせる人に、いつも「すみません。すみません」と謝ってばかりの日々。
悲しいやら腹が立つやら精神的に苦しい時期だった。

心療内科に何度も通い、やっと症状にあったお薬と、見合った分量に辿り着く事ができ
今はだいぶ落ち着いている。
時々、軽度の被害妄想発言はあるけれど、以前のあれほどまでの暴言はないのでなんとかやれてる。

レビー小体型は、脳の前頭部の細胞を顕微鏡で見なければ、タンパク質があるかどうかわからない。
もう、今となっては足も不自由な母を連れて脳細胞の検査をするのも大変だし
それがわかったからといって、足の不自由さも解消して自宅で生活できるわけでもないし
検査をする事にあまり意味を感じないから今のところはこのままで様子見している。

母の施設には色んな人がいる。
ただほんわかと物忘れするだけならまだ可愛がられるのだけれど
認知症なんだけど足腰元気で徘徊してまわる人
自分の部屋がわからなくていつも部屋を探して回ってる人(何度も教えてる)
お風呂にはいらせようとしてるだけなのに、全力で抵抗して叫ぶ人
なにもしてないのに、突然怒り出す人
本当に色々と大変だなと思う。
母もきっとたくさんお世話になって困らせてるだろうとは思うけど
自分で自由に動けないから、まだ行動範囲が狭くてすむ(職員さんがずっとついてまわる程の手間はかけずにすむ)
その点はある意味ホっとする部分でもある(適切な言い方じゃないかもしれないけど)

まあでも、これは病気であって、誰しもなりたくてなったわけじゃないってところがツライね(;_;)

私の場合、多分私が顔出す頻度が少なくなれば
母はすぐに不安になって混乱して錯乱して、またおかしな言動が始まり
ついには昼夜逆転して夜寝なくなり
少ない夜勤シフトの人手では対応できないからと、施設から別の精神科の病院に転院させられるかもしれない。
そして認知症が進行し、強い薬を投与され、寝たきりになり廃人になり・・なんて事が想像できる。
実際そうなっていく人をたくさん見てきた。
人は寂しいと死んじゃう。ってあながち嘘じゃない。

これからの少子高齢化の時代
このような症状のお年寄りが増えたらどうなってしまうんだろう。
仕事と介護の両立は難しい。
また介護職の人手不足も深刻だ。
職場環境や労働条件をかなり良くしてあげないと、なり手がどんどん減ると思う。

女性の社会進出というけれど、そしたらそういう親がいたらどうしたらいいんだろう。
施設にお願いしたくても、施設は入所待ちで何年も待たなければいけないし
外国人労働者に介護職を推奨したって上手くいくとは思えない。
だって、年齢層が違うだけでも「あーもうちょっとこうしてくれたらいいのになぁ」←思っててもあまり言わないけど
って思う事あるのに
ましてや言語や価値観が違う外国人に、細かいニーズまで理解してもらえるだろうか?

サザエさちみたいな、大家族なら、みんなで交代で目が届き
施設にお願いしなくても、みんなで協力して自宅介護ができるかもしれないけど
都市一極集中型の現代で、親兄弟がぜーんぶ近くで住んでるなんて無理だしね。
やりたいことや夢があったら、都会じゃないと叶えられなかったりするし。

この問題は今後どんどん顕在化していくと思うな。

ぜんぶが繋がっていて、何かを一つ解決したら全て解決って事じゃなくて
ぜーんぶが連動して、現状になってるんだもんねぇ。

ま、とりあえずは少子化対策が喫緊の課題だな、とは思うけどね。
(じゃないと、子供ひとりにつき、3・4人の親の介護・・みたいな事になっちゃうよ)


今日バッタリ会った友達も、お父様の認知症に悩んでいて
「TVで介護を苦にして親を○しちゃったりする事件あるやろ?・・あの気持ちわかる・・(ーー;)」みたいな事言ってた。
私も
「うんうん、わかるわかるww」
「たまにさ、タオルかなんかで首をこう・・(^^;」
「あははは。わかるよーww」
みたいな会話になった。

まあ冗談で言えるうちはまだアレだけど(^^;
「これ、経験した人じゃないとわからんもんね。あんまり頑張りすぎない方がいいよ」って言ったら
「ありがとー。少しラクになった」って。

介護問題のあれやこれや、出口の見えない矛盾点、経験者じゃない人たちが会議で決めてしまう様な
机上の空論にだけはなってほしくないと思うな。









スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。