スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吠えてみる。 
久しぶりにPC触ったらば、LBH界、なんだか騒動があったんですね。
詳しいことはわからないけど
まあフツーにニュースにあがってる内容を見ると(これがどこまでホントかはさておき)
まず「犯罪」は「犯罪」として、どっから見てもそれはアウトやろ。(脅迫罪だからねぇ)
というのが大前提ではありますよね。







まあだけど、チミも悪いとこあるよ。とは思う。
「悪いとこ」という意味の中には「認識が甘いんだよ」ってのも含まれるけどね。

多少お酒が入った席でつい調子乗って(^^;
軽い下ネタがポロっと出ちゃう。ってのはアルと思うアル。

だけど、シチュエーションが若干マズいわなあ。

同年代の男女でワイワイどっかのお店で。とかならわかるんだけど

40代のおっさんが20代の女子にその発言は(発言がホントかどうかはさておき)
パワハラとかセクハラ、とかって指摘されてしまう畏れもあるよねぇ。
(相手が最初から計画性を持ってたかどうか、とか、その女子の背後に悪いヤツがいたかどうか、とかもさておき)

ホラだって、日本の都議会でも
ある女性議員に「結婚しないのか」みたいなヤジを飛ばした件で大騒動になったんだから。

個人的にはあの件は
議員たるもの、あれくらいのオヤジ発言は
「ええ、結婚願望はあるんですけどね、アナタのような方以外とのイイご縁があれば♥」
みたいな感じで、オヤジをギャフンと言わせる切り返しで、ゴーカイに笑い飛ばしてほしかったけどね。
泣いて被害者の立場になるよりも、女性議員の肝っ玉見せた方が
あの人の株はグンと上がっただろうと、同じ女性として残念だったのですがね。

話それちゃったけども
そういう発言で問題になる昨今、有名人でもあり年長者でもあるチミは
やっぱちょっと脇が甘いというか、自覚が足らんというか
しかも、奥様お留守の時に(他にも人がいたとはいえ)自宅に招いて・・ってのは
ちとマズいとこもあったんじゃね?ってのもちょっと思うかなぁ。

見た目、お肌つるつるで腹筋ワレワレで、気分的には若者気分なのかもしれんけど
世間はそうは見ないからね。
と、老婆心ながらちと辛口の苦言は呈しとこう。と思う。

他のファンブログさんをチラっといくつか見たんだけど
まあ皆さん非難よりは擁護とか同情論の方が多い印象で
中には、「触れない」「タブー」みたいな感じのとこもあったし
または「私は信じてる!」みたいなのも(^^;

それはそれで、まあ、ねぇ・・・(乾いた笑い)



という事で、個人的には、非難も擁護もどちらでもなく
「・・・・・・・」という気持ち。

何はともあれ、「仕事で払拭しなはれ」と思う。←これはエールね。



ていうか、そもそも私はK国芸能界は全く信用していない←(^^;
(日本の芸能界も事務所によっては信用してないとこもある)

スポンサーさんやおエライさんへの「性上納」の話は多々目にするし
昨年の大統領就任直後の米訪問の時に随行した報道官(閣僚)自らが
セクハラで罷免されるという、常識的には考えられないような事件
(就任後初の訪米時の大事な会談の日程中に、国を代表する者が・・ですよ?)
があるくらいで、犯罪率もこのような統計だしね。

人権人権いうけどね、どの口で言えるんか?という感想を個人的には持ってるしね(性犯罪が多い上に刑が軽い)



加えて、K国マスコミ自体も私は全く信用してない。
K国自体が、偽証罪も誣告罪(でっちあげの容疑で告訴する)も日本の数百倍だしね。
(興味のある方は調べてみて下さい)

しかも、記事などは課金制のシステム取ってるとこ多いから
いかにセンセーショナルな見出しでクリックさせるか、みたいな感じだしね。
中身読んでみると、正確な証拠もないのに結果ありきで中身からっぽだったり
トンデモ理論を展開してるような信ぴょう性もない記事も多いし。

これは日本のマスコミも同じ!!ヽ(`Д´)ノ

「これこれこういう結論に導きたい」というのが前提にあって
それに誘導するべく文章を書いてるもの。

私は自分で言うのもナンですが(^^;
観察力分析力読解力には多少の自負があるもんでそんな簡単に誤魔化されない。
物事の本質を見極めよう見極めようとなるべく意識してるつもり。

でも私みたいなひねくれ者とは違って真っ直ぐにピュアに信じちゃう人は
その印象操作の記事だけで判断しちゃうかもしれないな、という怖さを非常に感じてます。



★マスコミは真実(証拠などを精査した上で)に忠実に報道する事。
★一方だけの意見を取り上げるのではなく、反対側の意見も公平に幅広く報道する事。
★はからずも誤報があった場合には、謝罪文を載せ、またそれによって起きた被害に対して真摯に向き合う事。


それこそがジャーナリズムの精神なんじゃないの?
自らがそういう姿勢を見せなければ、政治や企業の不正を糾弾するクリーンな立場を取れないでしょう?

って、強く思っておりますのでね。
普通の平凡な主婦ですらそう思ってるんですよ。
あさひ新聞さん、聞いてますか?




・・あれ?
あの方の話からえらく脱線しちゃった(^^;
ゴメンなさいね。
ずっと腹に据えかねてる事があったもんでね。



というワケで
ひとまず、このところ思ってる事を吠えてみましたm(_ _)m










スポンサーサイト
 

秘密にする


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。