FC2ブログ
あるいは裏切りという名の犬 (ネタバレあり) 
     【2004年 フランス】
D112071878.jpg

監督:オリヴィエ・マルシャル
出演:ダニエル・オートゥイユ   ジェラール・ドパルデュー  他

オフィシャルサイト


男くさい映画を観た。
フランス映画フィルムノワール男の世界。
この映画に出てくる女性はといえば
男にとっての「安らぎ」「生きがい」「守るべきもの」
メインはとにかく男達の物語。

原題の「オルフェーヴル河岸36番地」は、「あるいは裏切りという名の犬」という邦題に。
日本人(特に男性)が好みそうな題名?
この邦題、ストーリーの本質から若干逸れてるような気もしないでもないけど
インパクトあるし、この映画の雰囲気を伝えるのにはこれでいいのかもしれない。
しかしこのタイトルが指してるのは、二人の男のどちら?
ひょっとして、こちらの男の事を指しているのなら
邦題をつけた人も、こちらの男に気持ちが残ったという事なのかな?
あらすじ
パリ警視庁の2人の警視、BRI(探索出動班)所属の正義感あふれるレオ・ヴリンクスと、BRB(強盗鎮圧班)所属の権力志向の強いドニ・クラン。かつて親友だった2人は、現在では次期長官候補として激しく対立するライバル関係にあった。ある日、現金輸送車強奪犯のアジトを突き止めた警察はレオの指揮の下、包囲作戦を展開するが・・


レオ(ダニエル・オートゥイユ)とドニ(ジェラール・ドパルデュー) という、生き方が全く異なる二人の男。
100パーセント清廉潔白とは言えないけれど、「男のルール」「男の美学」を重んじ、部下からの信頼も厚い魅力的なレオ。
レオは文句なくカッコ良い男であり、ダニエル・オートゥイユはそれを見事に演じていた。
一方、「そこまでやるか?」的に汚い手を使い、のしあがろうとする権力志向のドニ。
これほど徹底した「ヤな奴」を観たのは久しぶりのような気がする。
だから、この結末はなるべくしてなったものであろうし、実際そのときは胸がすく思いもした。
なのに、時間を追うことに、ドニの生き様に気持ちが傾いてしまうのはなぜ?
もちろん結末には満足したし、ドニの生き方を擁護しようとも思わない。
ただ、物事には必ず両面あり、ドニはなぜそこまでしたのかと
そう考え始めたら、ドニが頭から離れなくなった。
二人が対立した経緯は、この映画ではさほど描きこまれてないが
カミーユは元気か?」のセリフのくだりで、その女性を巡って二人の過去に何かがあったと想像できる。
大切なものを一度に失った、そこからドニの歯車が狂いだしたのか・・
結局ドニは過去を引きずったまま、立ち直る事ができなかった不器用な男だったという事だろう。

ドニは権力志向のように思われていたけれど
それは孤独と闘う手段だったような気がしてならない。
ドニが欲しても手に入れられないものをレオは全て持っていて
ドニがどんなに輝かしい栄光を手に入れても、レオが持ってるものは手に入らない。
ドニがあがけばあがく程、それはますます遠ざかっていく。
それが手に入らないからこそ、せめて権力というものを振りかざし虚勢を張っていたかったのだろう。

それから
真実を知った時のレオの行動・・
私は、レオ自らの手で決着をつけるとばかり思っていたけれど・・
レオは、せめて「男の誇り」を、と、ドニに選択をつきつけたのだが
その後のドニの行動は、胸が痛くなるほど醜く哀れなものだった。
羨望・嫉妬・執着、弱さ・・あらゆる感情を、ドニはレオの背中にぶつけて。
レオを罵倒するドニを見てると、愛憎を持て余し泣き叫んでいる子供のようにも見えてやるせなかった。
結局のところ、誰が勝負に勝ったのか
強いて言えばレオには残ったものがあっただろうが、幸せを手に入れたというにはあまりにも虚しい結末・・。

最後に
あれだけ徹底した悪役を演じながら
その心情にも、何ひとつも共感できないにも拘わらず
それでも惹きつけらてしまう男ドニ。
これはやはり名優ジェラール・ドパルデューが演じたからに他ならない。
この二人の演技対決は本当に見ごたえあり。






スポンサーサイト



 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://trainrein.blog81.fc2.com/tb.php/273-ac3be82d