FC2ブログ
天然コケッコー  
【2007年 日本】
51om2BwQPvGL.jpg

監督: 山下敦弘
出演: 夏帆  岡田将生  夏川結衣  佐藤浩市  他

原作は、くらもちふさこの同名コミック『天然コケッコー』(集英社『コーラス』連載)
オフィシャルサイト

※ネタバレするとかしないとかいう類の映画ではないのですが
画像をちょっとキャプチャしてます。
<あらすじ>
山と田んぼが広がる木村町。中学2年の右田そよは、小中学生合わせても全校生徒たった6人という小さな分校に通っていた。そんなある日、東京から一人の男子生徒が転校してくる。彼の名は大沢広海。そよにとっては初めての同級生。都会の匂いをまとったかっこいい男の子の登場に心波立つそよだったが…。(all cinema)



うふふふー♪
ああ初々しい♪
でもって、ほのぼの♪
いいなぁいいなぁ。甘酸っぱいって♪
私も中学生に戻りたーい♪・・無理だけど。
・・って、やたら『♪』マーク乱用ですが
観てたらホントに『♪』『♪』になりますよー。



同じ学年の子がいなくて、いつもお姉さん役として、小さい子達の面倒を見てきたそよちゃん
そんな、そよちゃんの日常に突然舞い込んできた転校生の大沢クン。
そよちゃんは嬉しくてちょっとドキドキ。
うふふふふー。
もう可愛いくてイイコ子なんだよねー。そよちゃん大沢クンも他の子もみーんな。

物語もホントにただゆっくりと日常が過ぎていくだけ。
お祭りがあったり、バレンタインデーがあったり、修学旅行があったり。
そんな中で少しずつ距離が近まり成長していく二人の姿がほのぼのと描かれている。
ああでもこーゆーのいいなぁ。きゅぅぅぅん・・。






そよちゃん達の学校
こじんまりとしてて温かい雰囲気の木造校舎
cap008コケッコ






のどかな風景
トマトをこんな風に冷やすのって『トトロ』にもあったよね
cap001コケッコ








なぜか眩しく見える体操服(笑)
cap003コケッコ









小学一年生のさっちゃんは、そよちゃんが大好きなんだよね
ああ、じわわん・・
cap004コケッコ








肩が触れるか触れないかっつーカンジで、初々しくて可愛い二人♪
でもって、やっぱ線路だよね。←何が
cap002コケッコ






いやぁ~もうサイコーに甘酸っぱーい♪
何でだかわからないけど私が照れ照れ。
cap007コケッコ



と、まぁ、こんなお話です(笑)
私、結構好きかも。




ちなみに、ただデレデレと観てたワケではございませんの。
チェックしてたのはこの岡田将生クン
この子は、伊坂幸太郎原作の『重力ピエロ』映画化にあたり
ハル役にキャスティングされてるのです。

さて、ハルのイメージに岡田クン、どんなもんでしょうかね?
私はイイと思ったんですけどね。
でなきゃこんなにキャプしないです、ハイ(笑)


cap006コケッコ






cap005コケッコ




スポンサーサイト



 
karinn #9yMhI49k
岡田くんいいねぇ~ 
こんばんはれいんさん。
これ、ずいぶん前に映画館で観ましたけど、なんかほのぼとして自分の青春時代(田舎だった)思い出しながら、胸キューンとしたのを覚えています。
岡田くんいいよねぇ~成長株だよ~

でもって今日、中学生の頃から目をつけていてた(「今を生きる」に出演)
イーサン・ホークの「痛いほどきみが好きなのに」を観てきました。自伝小説の映画化&監督&父親役で出演・・
という彼のファンにとってはヨダレが出そうな映画です。でも、男の失恋話を堂々と書く彼が好き!37歳にしてようやく大人になれたんだ~何とイーサンはLBHと同い年そして8月のヴェネチア映画祭に「I come・・」と同じくこれも出品!そのうえこの映画の日本配給元が博報堂メディアパートナーズだなんて!因縁?
単館系の映画を一人で十分味わうのもいいものです。
れいん #-
karinnさん 
こちらにもコメントありがとうございます。
コレ、映画館で観られたんですね。えへへ。ちょっと意外でした。
「胸キュン」ほんとにそうですね。
岡田クン、私ちょっと目をつけました(笑)
イイ方向に行ってくれたらいいなと、見守っていきたいですね。

>イーサン・ホーク
この前地上波でやってた「アサルト13」を観たばっかりです私。
>「痛いほどきみが好きなのに」
これも観たいリストに入れてます。どんなカンジなのかちょっとそそられます。
>ヴェネチア映画祭
karinnさんにとってはめちゃめちゃ美味しいラインナップじゃないですかー。
楽しみですね!


秘密にする

 
トラックバックURL
http://trainrein.blog81.fc2.com/tb.php/299-49a7c9e7