FC2ブログ
メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬 (ネタバレあり) 
【2005年 アメリカ/フランス】
31MK7M7ZAYL.jpg

監督: トミー・リー・ジョーンズ
出演: トミー・リー・ジョーンズ  バリー・ペッパー   ドワイト・ヨーカム   
     ジャニュアリー・ジョーンズ  メリッサ・レオ  フリオ・セサール・セディージョ

「アモーレス・ペロス」「21グラム」を手掛けたギジェルモ・アリアガの脚本を、名優トミー・リー・ジョーンズが主演のみならず自ら初監督も務めて映画化した感動ドラマ。カンヌ映画祭ではトミー・リー・ジョーンズが男優賞を、そしてギジェルモ・アリアガが脚本賞をそれぞれ受賞した。(all cinema)

コレ、製作にリュック・ベッソンも関わってるんですね~
この映画
「男は黙って缶コーヒー」とか「男は黙って穴を掘れ」とか、そういった映画ではなく
命の重みを問いかけてくるヒューマンドラマでございます。

ああ、たったこれっぽっちを書いたあたりで
こういう映画の感想書くには、私じゃ力不足って実感がどんどん押し寄せてきます・・。
ていうか、そういう事にハタと気付いてしまったら
これから先、なーんも書けなくなっちゃうって事にもハタと気付きました。
てなワケで、僭越至極でございますが
感想なんだから思った事を恥ずかしがらずに書こうって事でひとつヨロシク。



<あらすじ>アメリカ・テキサス州、メキシコとの国境沿い。ある日、メキシコ人カウボーイ、メルキアデス・エストラーダの死体が発見される。初老のカウボーイ、ピートは彼を不法入国者と知りながらも親しく付き合い、年齢を越えて深い友情を築いていた。悲しみに暮れるピートは、彼と交わした約束、「俺が死んだら故郷ヒメネスに埋めてくれ」という言葉を思い出す。そして偶然、犯人が新任の国境警備隊員マイクだと知ったピートは、彼を拉致誘拐すると、共同墓地に埋葬されていたメルキアデスの遺体を掘り返させるのだった・・・。(all cinema)


「俺が死んだら故郷ヒメネスに埋めてくれ」
ピート(トミー・リー・ジョーンズ)は
亡くなってしまったメルキアデス(フリオ・セサール・セディージョ)と交わした「男と男の約束」を守る。
その約束を守るには、幾多の困難が立ちはだかっているのだけれど
時代遅れのカウボーイは、ただひたすら黙々と約束を守ろうとする。
そこには、徹底した男の美学男の哲学がある。
時には、やりすぎじゃないかとさえ思うほどの。

そのパワーの源になったのは、もちろんピートとの「友情」だとは思うけれど
ピートの中には、他にも色々な感情が渦巻いていたような気もする。
たとえ過失であったとしても、人一人の未来を奪ったという事がどれほど大きな罪なのか、という問いかけも
また、その事実を簡単に葬り去ろうとした権力への怒りもピートの原動力になったのではなかったろうか。
仮に、権力サイドが、メルキアデスに手厚い処遇をしたなら、
罪を犯した人間にも相応の刑を科していたなら、
ピートもそこまで意地にならなかった?とか、そんな事も考えたり。

そして
『ヒメネス』を故郷と言い、そこに自分の骸を埋めて欲しいと言っていた
メルキアデスの孤独さにも思いを馳せる。
そこが、メルキアデスにとっての拠り所であったのなら
たとえそれが想像の産物であったにしても
敢えてピートはその『楽園』を作ってあげたかった。
それはメルキアデスの為だけでなく
ピート自身も、行き場のない孤独を抱えて生きていて
生前のメルキアデスの境遇に、自身を重ねていたのかもしれないし
美しいところだと聞かされ続けた『ヒメネス』
不平等や不条理など存在しない楽園を夢見
ピート自身も、その『ヒメネス』を、自分の目で見てみたかった、という気がしてならない。
『ないなら作る』ピートは、実に信念の男だ。

一方、マイク(バリー・ペッパー)の方はどうだっただろう。
罪を犯したとはいえ、同情しそうにもなる、あまりに過酷な巡礼の旅。
ひたすら歩かされる荒涼とした乾いた大地。
怪我をしようが、裸足だろうが、衣服はボロボロになろうが
とにかく奴隷の様に歩かされ、眠る時も死体と一緒。
死体は日に日に朽ちていき
それが「死」というものであるという認識と、自分が犯してしまった「罪」をリアルに感じるという事が
本当の意味での「贖罪」になったのではなかっただろうか。
銃を突きつけられ謝罪を強要された場面では
「故意ではなかった」と、最初は自分を弁護していたかもしれないけれど
堰をきったように号泣し謝罪した事で、マイク自身の魂も救われたような気がする。

ラストの場面では、ボロボロだったマイクより
ピートの今後の方が心配になってしまった。
マイクが心配したと同様私も思う。アンタはこれからどうするの?って。
野暮な質問なんだろうけど。

ところで、余談ではありますが
ここまでは、男気な男ピートを、カッコいいとかさんざん誉めてたワケですが
現実にああいった昔堅気でとことん信念を貫く男と一緒に暮らしたら、結構大変だろうなぁ、なんて思ったっちゅーか何ちゅーか。
似たようなタイプの奴が身近にいるから余計そう思うなりよ。
スポンサーサイト



 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://trainrein.blog81.fc2.com/tb.php/301-6192044e
 
-
管理人の承認後に表示されます