FC2ブログ
スルース (ネタバレあり) 
【2007年 アメリカ】
329519_01_05_02.jpg

監督: ケネス・ブラナー
出演: マイケル・ケイン  ジュード・ロウ    オフィシャルサイト

「あらーれいんさんったら、今日も映画感想なのね、つまんなーい」って
ココを訪問して下さったLBHファンの方
どうぞチャンネルはそのままでっ(笑)
だってLBHファンの奥様には朗報ですのよ。←違っ
超個人的な意見なので「異議アリ!」と言われるかもしれませんが
この映画でジュード・ロウが演じてる役、必見です。
普段から妄想病を患ってる私にとっては
ジュードの映像(特に中盤以降)に、サブリミナル現象のようにLBHがチラチラ映りこんできましてね。
ああこの役がLBHだったらどんなに鼻血モノだろうって(笑)
LBHファンの方でも、そう特に、ドSでセクスィーで悪い子なLBHキャラがお好み♪
って方はコレ観て妄想して!倒れそうになるから(笑)
って事で、落ち着いて感想いってみよう。
ていうか、コレ、予備知識入れずに観た方が絶対面白いですね。
だから私も余計な事は書かない事にしますね←できるのか?あ、できないかも(汗)

推理作家の男と、その男の妻の愛人。
一人の女を巡っての、男達の息詰まる心理戦。
・・ってなお話なんですわ要するに。

この映画は72年の『探偵>スルース』という映画がオリジナルなのね。
で、その時マイケル・ケインが演じた愛人役を、今回ジュード・ロウが演じ
夫役を今回はマイケル・ケインが演じたってワケですかー。
ふんふん。面白いじゃん。
じゃ、20年後くらいにまたリメイクする時は
夫役をジュード・ロウで、愛人役をケヴィン・ゼガーズ君なんてのはどうよ。





ケヴィン・ゼガーズ君
トランスアメリカ

この子も、このまま行ってくれれば(メタボとかならずにね)
かなりデンジャラス路線イケルと思うけど。

あ、ちょっと話が逸れちゃいましたが
いやでも、この映画、すっごく面白かったですよ。
なぜこの役がジュード・ロウだったのかも、激納得!だし。
脚本・展開・キャステンングも、私的にはとっても好み!
出演者も極端に少なくて、ほとんどワンシチュエーションなのに
一分一秒たりとも飽きさせない、ってスゴイわー。
会話もとてもスリリングで。
冒頭、ドアを開けた途端、
ヤらしい皮肉の応酬が始まってるんだもの(笑)気が抜けないですよ。

ジュード・ロウはお気に入りの俳優で、出演作も結構観てるのですが
この役のジュードは、中でもお気に入り上位に来ますね。
この前観たマイ・ブルーベリー・ナイツな優しいジュードも好物ですけんど
やっぱりこっちのジュードの方が刺激的で魅力的♪

美しくてしなやかでセクスィでドSでちょっと危険ジュード♪うふ。
オデコがデンジャラスでも許せる許せる!
ていうか、あの時のあの上目づかいの媚目線は何?きひー。
ジュードってセクスィなんだけどどこか気品があるんだよねー。スマート「淫ら」ってカンジ?
ああもう、紙くずみたいに捨てられてもいいから、あんなジュードに翻弄されてみたい~^^

って、ジュードの事ばっかり書いてますけど
もちろんマイケル・ケインの凄すぎる存在感があったればこそ!
知的で冷淡で偏執的で孤独な初老の男。うぅむ。唸ります。
ところで、ラストシーンのアレは
勝負云々じゃなくてそっちの意味だったんだよね?違う?←誰に聞いてる
スポンサーサイト



 
さち #1Pm8M8kY
 
れいんさん、この記事書きながら楽しかっただろうなぁというのが伝わってきます(笑)

優しいジュードはあまり食指が伸びない私も、この映画の小悪魔ちっくな彼には見惚れてしまいました。

愛人をLBHが演じるとしたら、マイケル・ケインはどなたになるのでしょう?
韓国限定じゃなくて日本のチョイエロオヤジでもいいなぁ♪なんてことを考えちゃいます。
ニーネ #V9EKCHBo
こんばんわ れいんさんm(_ _)m 
はいはいはいはいは~い(^o^)/←いつもうるさい!
ジュード君 何故か私の周りをウロチョロ^^;←は?

ジュードのセクスィ度はレベル高いですわ奥様(*^入^*)
私の仲のいい友達がジュードのファンざますのd(^-^)
なので年賀状・クリスマスカード・バースディーカードは
必ずその友達とジュードのツーショットを作って送っております
めちゃくちゃ近所に住んでるんですけど(^^;)>"

・・・と お邪魔しましたけどこの映画はまだ観ておりませんの 
お邪魔ばかりしてすみません<(_ _)>"
れいん #-
さちさん 
あ、ニヤニヤしながら書いてたの、どこかから見てました?(笑)
ホント、時間置いて読み返すと、明らかに普通の映画感想とテンション違って、感情的に書いてる・・。
落ち着こうよ<自分。^^;

>愛人をLBHが演じるとしたら、マイケル・ケインはどなた
ホントだ。そこまで考えてなかったですー。
知的で色気があるおジジって東洋ではなかなか思いつきませんねぇ。
東洋人だと、お爺さんになっちゃうと、年相応に枯れちゃうカンジで。
誰かイイ人いますかねー。
れいん #-
ニーネさん 
お若い方には今いち受け入れられなさそうなジュードですが(笑)
奥様方には人気なのかしら。ある意味ホスト系の魅力?

>ジュードのツーショットを作って送っております
いいないいなー。私もLBHとジュードとキアヌとの4ショット(イヤもっといるかも)で作ってくらさい~♪

>この映画はまだ観ておりませんの 
私地方は遅れて上映だったので、今頃劇場鑑賞でしたが、多分もうすぐレンタルリリースになると思いますのでぜひぜひ♪
karinn #9yMhI49k
ジュードの面目躍如 
こんばんはれいんさん。
この映画のジュウド!最高でした。
やはり舞台経験があるのでマイケル・ケインと互角(?)にわたりあっていて・・・・・・。セクシーさもオブラートに包まれているとかえって感じるのよね。LBHも然り!
れいん #-
karinnさん 
そうですね。何だかイキイキしてましたねジュード。上から目線対決の時とか特に(笑)
やっぱり「まっとうなジュード」より「毒があるジュード」の方が魅力的♪
(ホリデイジュードも捨てがたいケド)
一度、LBH VS ジュードの「デンジャラスセクスィ対決」を観てみたいものですね。
raichi #-
こんばんはぁ~ 
宿題の提出に来ました(爆)
寝取られ男と間男のプライドをかけた心理攻防戦
イヤイヤ、見ごたえありましたねぇ~
きっかけは女なんだけど、もう途中からそんなことはどうでもよくなっていたような(^^ゞ
ラストのあれ
私は勝負だと思ったなりよ。
で、一方的に勝負を下りたジュードに「このままで舞台を下りるのは許さん!」って感じですわ。
しかし、ラストのエレベーター内のジュードは美しかったなりぃ~

れいんさんがジュードにLBH重ねて見たのよくわかるぅ~
私もこのジュードの役をLBHでお願いしたいなりぃ~
マイケル・ケインの役はアン・ソンギssiでどうかえ?
れいん #-
raichiさん 
おぉ!宿題ありがとうございます。

面白かったですよねスルース^^
きっかけの「女」の正体は最後までわからずじまいってのがまたイイですね。
>途中からそんなことはどうでもよくなっていたような
うんうん。私もそう思います。

>ラストのあれ
私は勝負だと思ったなりよ。
で、一方的に勝負を下りたジュードに「このままで舞台を下りるのは許さん!」

そうなのそうなの?
やっぱりマイケル・ケインは「勝負に負けない事に拘った」のかな
ジュードを誘ったのもあれは負けたくない為の演技だったのかな・・
ちょっと迷ったんですけど、ラストのマイケル・ケインの表情が「去らせるくらいならこの手で決着をつけてやる」みたいな感じかなって思ったのー。で、愛する者を失ったような寂しそうな表情にも見えたの。
だから「ある意味ジュードの勝ち逃げ?」だったかと・・。

>ラストのエレベーター内のジュードは美しかった
もうおじ様を誘うあたりから革コートをヒラリとするあたりとか危険で美しいなり!
LBHにやってもらいたいでしょでしょ?

れいん #-
書き忘れ 
>マイケル・ケインの役はアン・ソンギssiでどうかえ?

うんうん。いいですね。日本の俳優なら児玉清さんとか山崎務さんとかどうでっしゃろ?

秘密にする

 
トラックバックURL
http://trainrein.blog81.fc2.com/tb.php/303-245cbf41