スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・マジックアワー  
【2008年 日本】
328680_004.jpg

監督: 三谷幸喜
出演: 佐藤浩市  妻夫木聡  深津絵里  
     綾瀬はるか  西田敏行  小日向文世  寺島進  他

オフィシャルサイト
<あらすじ>
港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人・マリに手を出してしまった手下のホテル支配人・備後。はたして天塩に捕まり絶体絶命となる。助かる唯一の条件として天塩が示したのは、5日以内に幻の殺し屋“デラ富樫”を連れてくること。条件を飲んだ備後だったが、そう簡単にデラが見つかるわけもなく、最後の非常手段としてニセモノを用意することに。そこで備後は、映画監督になりすまして無名の俳優・村田大樹を雇うと、映画の撮影と称して彼に殺し屋“デラ富樫”を演じさせ、天塩の前に差し出すのだったが…。(all cinema)




実は私、この映画、映画館で観るつもりはなかったのです。
このところ、TVで三谷監督はじめ出演者の顔を見る機会が多く、こりゃ大々的に宣伝されてるなぁと、観る前からお腹いっぱいになってまして、主演陣以外にも豪華キャストをめいっぱい起用してるあたり『有頂天ホテル』を彷彿とさせ・・
『有頂天ホテル』
の時は、期待値高く観た割りには(レンタルだったけど)若干のガッカリ感も漂いましてね、そんなこんなで私の中では『ザ・マジックアワー』は、レンタルコースに位置づけられていたのです。
・・・が、鬱陶しい梅雨の季節、単純に笑ってみるのもイイかも、なんて思い直し鑑賞しましたところ・・・
へへへ。ぶっちゃけ、面白かったです。
期待値低かったのもヨカッタのかな。
ベタコテコテで分りやすい笑いではありますが
ふふふ、芸達者な俳優さん達が、それはそれはトボけた『間』で笑わせてくれました。
この『笑い』を、わざとらしく感じるか、ツボるかは、好みの問題だと思いますが
『吉本新喜劇』的ドタバタがお好きな方なら、楽しめるかもしれません。

まぁ、「その設定はありえんじゃろ!」とか、「そんな子供騙しに誰が騙されるっちゅうねん!」などと厳しいツッコミ入れちゃったらシオシオパーになっちゃいますので
くれぐれもこの映画は
佐藤浩市さんの引き出しを見せてくりゃれ的
に鑑賞するのが良いかと思われます。

そうです。この映画は、もう佐藤浩市さん!なのです。
佐藤さんスキヤキ・ウエスタン ジャンゴ でも、かーなーりキてましたが、この映画では、さらにパワーアップ!もう、どんだけ暑苦しいんだか(笑)

T0005898.jpg


↑ ああ、ホント、こういう柄のセーター着てる人いるよなぁ~~なんて、そんな小技も噛み締めつつ
髪型・ファッション・目つき・仕草・喋り方、立ち居振る舞い・・
全てが暑苦しさ全開!
いやぁ~ハジケてたよな佐藤さん!楽しんでたよな佐藤さん!ってカンジ。

・・思うに、泣かせる演技も難しいと思いますが
誰かを笑わせる演技というのは、さらに難易度高いだろうと私は思うのですが
佐藤さんイイわ~~♪引き出しいっぱい持ってましたわ(笑)
意外性の妙という意味では、似たような役が続いちゃうとそれはまたそれで新鮮味がなくなっちゃうから、そういったダメっぷりは、たまーに見せるのが効果的・・
でも佐藤さんの事、前よりもっと好きになったかも~フフン♪(毛根の多さも含め:笑)

もちろんそれは、要所要所で
小日向文世さん、西田敏行さん、寺島進さんなどのベテラン俳優が、脇をガッチリ固め
絶妙な間合いで合いの手を入れてくるからこそ、佐藤さんから繰り出される技も生きてくるのですがね。

心にズシンと響く系の映画ではないですけど
ほんっとに単純に「ハハハ」と笑える楽しい映画でした。手まで叩いてウケちゃった。
こんなに声出して笑った映画は久しぶりかもしんない。

あと、思わぬところでホロリと来る場面もあったりしまして。
三谷監督からのメッセージはこの部分なのね的な事もチラホラ感じられつつ
映画作りに携わる男達信念と情熱を感じました^^
佐藤浩市さん演じる『デラ富樫』という男に、映画人の夢と希望と信念を込めてたのでしょうね。
『デラ富樫』・・この男はまさに愛すべき人物ですな。

スポンサーサイト
 
kyon #-
見てきて正解!?でよかった!! 
すみません

あっちで、れいんさんへのコメ返しをしながら。。。食わず嫌い王のたっちゃん(藤原竜也ね)に見入ってしまってて。。。気づいたられいんさん訪問済みでした^^;ごめんなさい

たっちゃん、映画「カメレオン」7/5公開!!これはraichinつきあってくれないのi-195
ひとりで楽しんできますi-241
で。。。見てきたんですねぇe-319
まぁ、れいんさんの感想まんまですねv-411
自然に笑っちゃいましたね!!
しかも、映画館で声出して笑っちゃう程楽しい映画って、思えば、最近なかなかないですよねe-287

今回は、三谷さんにしてやられちゃいましたv-433

で、うちのパパさんセーターだけは、佐藤浩市ですe-320
raichi #-
 
こんばんは、れいんさん
ハードルの低さ・・・それは重要かも(笑)
しかし、この蒸し暑い時期に、それよりも暑苦しい佐藤浩市(^^ゞ
よかったよねぇ~
それと、小日向さんの献身っぷりに結構感動しちゃったさ(^^ゞ

私的に佐藤浩市演じる村田の役者としての演技が周りの先入観から来る勝手な思い込みを増幅させるところをピーター・セラーズの「チャンス」に見立ててみておりました。
チャンスは肩書き権力至上主義を皮肉っているように思ったけど
こっちは、それを笑いに変えていて楽しめましたわぁ~

私も、映画館で声出して大笑いしたのは「少林サッカー」以来でした。
あしばん #sSHoJftA
やっぱ 
観に行ってみようかしら~!
今週、迷ってて行き損ねたわけでして…
実は、ちゃっかり佐藤さんふぁんのワタシ^^
でも、彼の映画はいつもイマイチなのよねぇ…なんて
ついついDVDでOKな昨今なのです。
ジャンゴもまだ観てない。
久々にスクリーンで暑苦しい彼を拝んでこようかしら^^
#-
kyonさん 
kyonさん、藤原達也のファンなの?raichiさんも確か結構スキだったんじゃなかったかな?・・それでも付き合ってくれないのね(笑)

「有頂天ホテル」が頭にあったから、今回ハードル低く観たんですけど、それがヨカッタのかな。
あと主人公を軸にして焦点ボヤけなかったところも「有頂天ホテル」より面白かった要因ですかね。
で、さっきkyonさんとこのレス読んだんですけど・・あの方レビューちっとも書かないでしょ?
色々観てるくせにねぇ。口酸っぱく催促してるんですけどねぇ(笑)

kyonさんパパさん、佐藤浩市柄のセーターお持ちなのね?何かウケた。
れいん #-
raichiさん 
そうそう。ハードル「低く」よね♪
佐藤浩市さん、ホント面白かったですよね。ナイフ三連発の時は、ベタだと分ってても笑っちゃった。
raichiさんご贔屓の小日向さん、あの方どんな役でもこなすよね。
トボけてるのにしんみりさせてもくれちゃって。
ところで、あのドロップ観た時、思わずGO印のドロップ思い出しちゃいましたよ(笑)

>ピーター・セラーズ「チャンス」
あらすじ読んでみたけど、私未見みたいだす。そういうのも知ってたらもっと違う面白さも味わえたのにねぇ。この手の「祭り上げられ型」はちょくちょく見かけるような気もするけど、一歩間違えれば寒くなる怖さもあるのを、安心のベテラン俳優さんたちがいいバランスに仕上げてましたよね。「間」とか「タイミング」ってのは「笑い」には重要ですね~。
れいん #-
あしばんさん 
おぉ、この映画迷ってらしたんですか。
楽しむポイントは「ハードル低く」ですわよ(笑)

佐藤さん、私もナニゲに好きなんですけど、あしばんさんが以前手ひどくヤられた(笑)「海猫」っぽいイメージが強いんですよね~。でも出演作眺めたら、結構、脱力系の作品にも多く出演してるんですねぇ。
あと、「ジャンゴ」の佐藤さんは、完全に壊れてましたわ。だ・だ・大丈夫ですか佐藤さんっ??てくらい(笑)こちらの佐藤さんは、暑苦しいくらいの信念がありましたけど^^
あすか #-
いいな~ 
れいんさん、こんにちは。
いいな、これ観たいんですよ~。
まぁ、当分見れないとは思うんですが、
俳優陣みんな好きだし。
佐藤浩一さんも、妻夫木くんも、深っちゃんも!

そんなに暑苦しいんですね?(笑)
そのうち機会があったら…というか、たぶん1年後とかかもしれないけど…見てみたいです。
れいん #-
あすかさん 
コメントありがとうございますー。
この映画、ベタすぎるくらいベタなんですけど、面白かったです^^
日本人ウケするような笑いなのかなぁ・・・
妻夫木くんも深津絵里もヨカッタですけど・・やっぱ、色んな意味で、佐藤浩市さん!なんですよねぇ(笑)機会があったらぜひぜひ♪

秘密にする

 
トラックバックURL
http://trainrein.blog81.fc2.com/tb.php/318-245d9896

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。