FC2ブログ
グラン・トリノ 
(2009年 アメリカ)
o0450066410155142061サイズ変更
監督: クリント・イーストウッド
出演: クリント・イーストウッド ビー・ヴァン アーニー・ハー 
     クリストファー・カーリー 他





「この映画を観に行くならハンカチ持ってけ」
友人から念押されて(イヤ、普段から持っていくけどさ)準備万端で臨み
鑑賞後、なるほど、じわわんとしながらも
意外と、泣くよりくすっと笑う場面の方が多かったかな、と思いながら
結局、ハンカチの端っこで目じりをちょいと拭う程度の涙量で終了・・・。

ところが
エンディング、イーストウッド監督の歌声を聴いた途端
ドバババーーっと堰を切ったように涙出てきて
「アレっ?どうして私、こんなに泣いてるんだろ・・」って。

全く、あの歌は反則ですよ。
何だか切々と語りかけられてるようで
後から後から込み上げてきて
泣けて泣けて仕方なく。

近年、監督業の方での活躍が目立つイーストウッド
今作では、監督と主演の両方をこなし
もしかするとコレが最後の主演作になるのかもしれない。

「オレも昔はやんちゃしてた時期もあったけどな」的なところも見せつつ
それでも
「コレがオレの生き様だ」とばかりに
監督が願ってる事
監督が憂いてる事
監督の美学
溢れんばかりの愛国心

それから、国境を越え、人種を超えた広い意味での人類愛など
監督は色々な想いをこの映画に託し
その手の内も、気持ちいいくらい全て見せきった。そんな風に感じた映画でした。

クリント・イーストウッドが監督だったから
クリント・イーストウッドが主演だったから

だからこその、味わいと深みがある映画だとも思いました。



頑固で怒りっぽく、人との付き合い方が不器用で、家族からも敬遠されてるような老人ウォルト(クリント・イーストウッド)。
彼は、自分の事を時代遅れだとわかっていただろう。
それでも、譲れない信念がある(ウォルトの人物像が監督自身と重なりまくり)

彼は誰かに助けを借りる事など絶対にしたくない。
いつも自分を厳しく律している。
それは、あの手入れの行き届いた愛車グラン・トリノや、住まいを見ればわかる事。

そして彼は、ずっと自分自身を許してもいない。
神に赦しや救いを求める事もしない。
自分がやった事の後始末は、全て自分ひとりで引き受ける。

そんな彼の最後の決断。身の処し方。託した想い。
罪滅ぼし、という意味も一つにはあっただろう。
花道でもあっただろう。
存在の証を残したかったという気持ちもあっただろう。

そんな彼の想いは、「家族」という名の人達には何ひとつ伝わらなかったかもしれないけれど
それでも、彼を理解し、彼が託した想いを引き継いでくれた人がいる。
そんなラストシーンに、じわわわーっと温かいものが沁みてきました。

前回監督作品「チェンジリング」では、監督のフェミニストな部分が強調され
今作ではヒューマニストな部分が強調されてる。
劇中では人種差別的発言を乱発している主人公だけれど
これは、監督なりの「皮肉」というか、「リップサービス」で
根底には「愛」を感じる。
この方は、ホントに「ヒト」が好きなんだろう。(もちろん女性含め)

いやはや、なんてカッコいいんだ。クリント・イーストウッド監督
男気の人。そして優しさに満ちた人
この映画を観ればそれがわかる。そう思います。
スポンサーサイト



 
あすか #-
 
れいんさーん。
ごらんになったんですね。
これ、私もあとからきましたよ。
いやもちろん劇中でも涙してしまったのですが、
そのあとも止まらず大変でした(笑)

いやはや本当にヒューマニズム溢れる人ですよね、イーストウッドって。
まっすぐ通った一本の線。芯の強さ。
しかしそこにある優しさ。
うん、素晴らしかったです。
アボガド #-
 
こんばんは。久しぶりです~
最後泣けちゃいましたぁ~
自分の朝鮮戦争でのトラウマを最後にアジア人の若者を助けることで見事に懺悔をこめて解決しましたね。
それも、丸腰で・・・
この映画にこめられたメッセージからたくさんの事を感じ取りました。
彼の若者を大切に思う気持ち、未来を担っている人々を大切に思う気持ちに特に心打たれました(^^)v

れいん #-
 
あすかさーん。
レス遅くなりましたー。何だかPCの調子が悪くて。

でもって
この映画、鑑賞直後も涙したのですが、時間置いてからの方がじわじわ来たんですよ。
監督のストレートな想いがしみじみ伝わってくるような映画でしたね。
イーストウッド監督にはこれからもずっとお元気でいてほしい!
れいん #-
 
アボガドさん、お久しぶりです♪
>丸腰で・・・
もうね、私、丸腰の意味がすぐにはわからなかったんですよ。
しばらくたってから「なぜ丸腰だったんだろ・・」って考えて、そしたらじわじわ~~っと、監督の想いがガンガン伝わってきて。←ワンテンポずれてます
ダーティーハリーだったら、ああいった決着の仕方はしないだろうけど
でも70歳を超えた監督の境地はコレなんだろうな、LOVE&PEACEの方なんだなーと感じました
。ホントかっこいいお方です(^^)v
karinn #9yMhI49k
 
こんにちはれいんさん。
ほんとうにイーストウッドの最後の作品(出演)になるのでしょうか?
味わいのある彼のヒューマニズムが観客に伝わってくる映画でしたね~
日本は憲法9条で不戦の誓いを守ってきたけど、アメリカでは朝鮮戦争、ベトナム戦争で深い傷を負った人も多いのでしょうね。国や民族を超えて平和が続いてほしいものです。

ところで、映画館でもらった今月号のシネコン冊子に「鬼才監督の挑戦」でトラン・アン・ユン監督が紹介されてましたね~(I come・・・・)丁寧な人物描写に定評がある監督だけに、悪役でも思わず感情移入してしまう・・・・これってドンボ親分→LBHのこと?
れいん #-
 
karinnさん、こんにちは。
最後の主演映画かどうかはわかりませんが、何だかこの映画を観たら、監督の生き様を全て表現してるような気がして、もしかしたら主演としては最後だという決意があるのかな・・なんて思っちゃいましたが、実際のところはどうなんでしょうね。

日本も加害者側の立場に立った事もあろうかと思いますが、いずれにしても、戦争によって得られるモノって何なんだろうと虚しくなりますよね。

シネコン今月号、タイミングが悪かったのか入手できておりません!
今度行った時には貰えるかなー。
悪役で観客を魅了する。コレって快感でしょうね。
その記事はきっとドンポ親分の事に違いない!
ぴか #SYJ6lyGE
今更2(^^;;)見ました 
イーストウッド作品づいてます

はい、グラントリノ、なんの予備知識も持たずに見たんですけどね、ずーっと「海の話」だと思ってたんです←「グランブルー」かなんかと間違えてますね(_ _;)
すみません、こんなヤツで(_ _;)

そんな勘違いしながらも、やっぱりのっけからぐいぐい映画の世界に引きずり込まれ、のめりこみました

ラスト、泣きました
こうやって彼らを守ったのね(;_;)ううう…って
でも、あの子はグラントリノに乗って、ずっとウォルトと一緒に生きていくのよね
こういう風にずっと側にいて見守ってくれるんだよね(;_;)
温かい気持ちになりました

劇中のウォルトの差別的な口の悪さ、頑固さには最初閉口したんですが、話が進むにつれ、心の奥底に潜む温かさを感じることができました
彼をいい人だと見抜いたスーは素晴らしい女の子ですね
人は外見や口の悪さで判断してはいけない
中身の中身、タネの部分まで見なくてはいけない
そんな事なかなかできないけどねぇ(^^;;)

ただ、もしウォルトが病に侵されてなかったら、同じようなことをしただろうか…と思いました

クリントイーストウッド、ほんとにカッコイイ!
手で拳銃作ってヤカラをバンッて打つまねするシーンあったでしょ?あの手拳銃がピシっと決まってて、流石は夕陽のガンマン(でしたよね?違ったらごめんなさい)だ~ってニヤニヤしてしまいました^m^
train れいん #-
ぴかさん 
> イーストウッド作品づいてます
あはは。なにかのきっかけがあったのでしょうか?たまたま偶然?

> グラントリノ
この映画もすごく好きです。
個人的には、インビクタスもイイんだけども、こっちの方が好みです。
骨太で男気ある映画だなーと感じました。

>やっぱりのっけからぐいぐい映画の世界に引きずり込まれ、のめりこみました
イーストウッド監督の映画って
観る前はなんか若干おっくうなんですけど(あ、スミマセン:笑)
観始めるとグイグイ引き込まれちゃいますよね。

> ウォルト
なんというか、言い訳しない生き方というか
サムライスピリットというか・・
不器用な生き様だったかもしれないけど
彼の本質を理解してくれる人がいて、ああなんか良かったな~って。
してからに、エンディングの、監督が歌ってる歌聞きました?
アレ反則ですよね~あの声とか歌い方がもう沁みちゃって
(映画館だったから尚更だったのかもしれませんが)嗚咽出そうになりましたよ(笑)

> クリントイーストウッド、ほんとにカッコイイ!
> 夕陽のガンマン
私は「続・夕陽のガンマン」しか観てないんですけども(ジウン監督がオマージュしたとかいう例の)
イーストウッドがめっちゃ若くてカッコいいです~。肌とかもツルツルで(笑)
ぴか #SYJ6lyGE
歌 
歌ってたのクリントなの?
いい歌詞だなぁとじーんとしてたんですが、
ご本人が?(@▽@;;)

なんでもできるヒトなんだなぁ
でもって、高齢なのにバイタリティあるし

地下室の冷凍庫、引きずり出す時に、重い方持とうとするとこなんか、頑固ジジイ丸出しで若いものにはまかせられん感がうまく出てましたけども(^^;;)
若いですよね
高倉健さんもだけど(ついでに石原慎太郎じいさんも…)
オーバーエイティに思えない…すごいです(u_u)
train れいん #-
ぴかさん 
> 歌ってたのクリントなの?
あわわわ。今の今までてっきりご本人が歌ってるって思い込んでおりましたが
じぇいみー・かーらむサンが歌っておられるようで・・ススススミマセンm(_ _)m
(余韻浸ったままエンドロールであのしゃがれた声でしょ。もうご本人だとばかり:汗)

>石原慎太郎じいさんも…
> オーバーエイティに思えない…すごいです(u_u)
石原ジイはもう、ほんと元気ッスね
この前国会でグラサンしてたけど@白内障の手術後で
なんかもう、どっかのマフィアみたいでしたよ(笑)

秘密にする

 
トラックバックURL
http://trainrein.blog81.fc2.com/tb.php/628-5102fdce